だいじょうぶ3組のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

だいじょうぶ3組

4.504.50
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.50
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

だいじょうぶ3組の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.504.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

だいじょうぶ3組の感想

投稿する

先生と生徒の本物の絆と成長が描かれた作品

著者である乙武洋匡さんの教員時代の体験を基に綴られた作品だけあって本の中に描かれた子どもたちも先生も生き生きとしていた。学校現場の抱える問題をリアルに描き出していたし、それに対しての先生と子どもたちの反応や対応の結果を有り勝ちなキレイゴトで終わらせていない点に好感を覚えた。先生を登山に連れて行きたいと願う子どもたちへの対応がまさにそれ。とても現実味を帯びていて、だからこそ子どもたちは自ら考え行動し先生と共に成長できたのだと感じた。五体不満足である先生と真摯に向き合うことで先生の障害とどう付き合っていくか、そして自分たちにできることはなにかを葛藤しながらも学んでいく子どもたちの姿に心を打たれた。そしてそんな子どもたちに「だいじょうぶ、だいじょうぶだよ」と優しい言葉と眼差しを向ける先生の姿にも。教育に携わっている人、子育てしている人にはぜひ読んでほしい一冊。この感想を読む

4.54.5
  • 鯨家まり鯨家まり
  • 47view
  • 382文字

だいじょうぶ3組の登場キャラクター

赤尾慎之介

だいじょうぶ3組の名言

どうせ、スタートラインからフツーじゃないんだ。だから、オレの教師生活、“フツー”をものさしにするのはやめようと思って。子どものためになるのかならないのか。それを第一に考えていこうと思ってさ。

赤尾慎之介

介助の白石と今日の予定について話している時に、何が普通かということになってt。

だいじょうぶ3組に関連するタグ

だいじょうぶ3組を読んだ人はこんな小説も読んでいます

だいじょうぶ3組が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ