下流の宴のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,318件

下流の宴

3.503.50
文章力
4.00
ストーリー
3.50
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
2

下流の宴の評価

総合評価
3.503.50
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
3.503.50
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

下流の宴の感想

投稿する

母親ってやつは…

由美子の上流志向はいつから?わかる、わかるよー。それが『下流の宴』を読み始めてすぐに思ったことでした。何がわかるのかって、それは母親の由美子の気持ち。私は子どもを産んで育てる過程で「この子達は絶対大学まで出す」という漠然とした使命感がありました。私の暮らす地域は大手自動車メーカーの恩恵で、そこそこの高校からでもそこそこの会社に入り、平均以上の賃金を得ることが可能です。それでも、やっぱり子供に「高卒」の肩書を背負わせるには抵抗がありました。息子が工場の作業服でガチャーンガチャーンとやるのは耐えられませんでした。その気持ちはどこから来たのか…過去を振り返ってみてもわかりません。育ってきた環境ということなのでしょう。父は会社を経営しておりましたし、家はまぁ裕福な部類でしたし。自分も一応、地元では名の通ったお嬢様学校を出ましたし。医者の娘で、自分も国立大学を出た由美子にとって、息子の名門中高一...この感想を読む

3.53.5
  • みまこんみまこん
  • 17view
  • 3075文字
PICKUP

下流の宴に関連するタグ

下流の宴を読んだ人はこんな小説も読んでいます

下流の宴が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ