魔女の宅急便のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

魔女の宅急便

4.504.50
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
2

魔女の宅急便のあらすじ・作品解説

魔女の宅急便は、原作者である角野栄子さんの娘さんが中学生時代に描いた魔女のイラストに着想を得て執筆され、1985年に発行された作品である。1989年には宮崎駿監督のてによってアニメ映画化され大ヒットとなった。また、2014年にはアニメ版のリメイクではなく、原作の第1巻・2巻も基とした実写版の映画が公開された作品である。 今作品のあらすじとして、母は魔女、父親は普通の人、その間に生まれたのが主人公のキキである。魔女の世界には13歳になると独り立ちする決まりがあり、満月の夜、黒猫のジジを相棒にほうきで空へ旅たった。不安と期待に胸を膨らませ、コリコという海辺の町で宅急便屋さんを開いた。落ち込んだり励まされたりしながら町へととけ込み、健やかに成長していく少女の様子を描いた作品である。 原作では、映画にはない「その後」についても描かれており、キキは20代前半で結婚し、双子の男女トトとニニという二人の子供を出産する。

魔女の宅急便の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

魔女の宅急便の感想

投稿する

魔女の宅急便に関連するタグ

魔女の宅急便を読んだ人はこんな小説も読んでいます

魔女の宅急便が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ