プラム・クリークの土手でのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

プラム・クリークの土手で

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

プラム・クリークの土手でのあらすじ・作品解説

プラム・クリークの土手では、ローラ・インガルス・ワイルダ―著作の小説であり、「大草原の小さな家」シリーズの一つとなっている作品である。日本では恩地三保子訳、福音館書店から発売され、1973には文庫化もされている作品である。内容は、大草原の家からミネソタ州・レッドウッドに実在するプラム・クリークに移り住んだイングラム一家と、一家の次女であるローラが美しい自然と共にたくましく成長していく姿を書いたものである。 プラム・クリークを含む「大草原の小さな家」シリーズは、小学校教師でもあるローラが、幼年期の体験をもとにつづった子供向け家族史小説シリーズであり、NBCでテレビ小説化されたものが、のちに日本でも2度にわたってNHK総合テレビで放送されているが、テレビシリーズということもありかなり脚色されたつくりとなっていて、原作とはいささか変わった趣となっている。のちにDVDコレクションとして販売されている。

プラム・クリークの土手での評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

プラム・クリークの土手での感想

投稿する

プラム・クリークの土手でに関連するタグ

プラム・クリークの土手でを読んだ人はこんな小説も読んでいます

プラム・クリークの土手でが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ