シャーロック・ホームズの思い出のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

シャーロック・ホームズの思い出

4.504.50
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

シャーロック・ホームズの思い出のあらすじ・作品解説

シャーロック・ホームズの思い出は、イギリスのアーサー・コナン・ドイルの2つめの短編集である。シャーロック・ホームズのシリーズの1つで、初出は、ストランド・マガジンの1892年12月号から1893年12月号にかけて連載された作品で、シドニー・パジェットが挿絵を担当した。初版は、イギリスでジョージ・ニューンズ社から発行されたのは1893年12月13日、アメリカでハーパー・アンド・ブラザーズ社から発行されたのは1894年2月2日である。最初は12編の短編からなっていたが、両方共第2版以降は、作者の強い意向でボール箱が削除され11編の収録となっている。 内容は、探偵を志すきっかけとなった友人の父親に関する事件や、ホームズが数少ない失敗をした事件を扱っていたり、唯一の親族の兄のマイクロフト・ホームズと共に解決を図る事件もあり、ホームズの人となりを知ることができて興味深い。 最終話で生涯の敵モリアーティ教授との対決が描かれ、作者はホームズ物の幕引きを図ったが、熱烈なファンにより復活を余儀なくされた。

シャーロック・ホームズの思い出の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

シャーロック・ホームズの思い出の感想

投稿する

シャーロック・ホームズの思い出に関連するタグ

シャーロック・ホームズの思い出を読んだ人はこんな小説も読んでいます

シャーロック・ホームズの思い出が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ