母のはなしのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

母のはなし

3.503.50
文章力
3.50
ストーリー
3.50
キャラクター
3.50
設定
3.50
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
1

母のはなしのあらすじ・作品解説

母のはなしは2011年に集英社から発売された、母親の愛と醜さをリアルに描いた小説である。 母ハルエはふがいない父に頼ることなく身を粉にして懸命に家族のために働く。ハルエは娘が二十歳になったら離婚してやると結婚生活に耐え続け、そんな不仲な両親を見て育ったアカネは結婚に淡い思いを抱くことなく成長し、独身のまま文章を書く仕事について売れっ子の作家として活躍するようになると、母ハルエは娘に経済力がある事に味を占めて娘にたかり、金銭だけではなく精神的にも依存していくようになる。 そんなどこにでもある親子の暗い部分を曝け出し、読者に母と娘とは何か?親の愛情とは何なのかを考えさせる物語となっている。 作者の群ようこは軽快な文章と読みやすさで女性から特に人気の作家だが、群ようこ自身も売れない画家をする父と家族を一人で支える母の元で育ち、不仲な両親を見て育ったからか、本作品内にも群ようこ自信の事ではとも捕らえられる描写が要所要所に折り混ぜてある。

母のはなしの評価

総合評価
3.503.50
(1件)
文章力
3.503.50
ストーリー
3.503.50
キャラクター
3.503.50
設定
3.503.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

母のはなしの感想

投稿する

母のはなしに関連するタグ

母のはなしを読んだ人はこんな小説も読んでいます

母のはなしが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ