土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJIのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI

4.004.00
映像
3.50
脚本
3.50
キャスト
4.00
音楽
5.00
演出
3.50
感想数
1
観た人
2

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJIのあらすじ・作品解説

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJIは2014年公開東宝配給の映画であり、初日2日間で動員20万人を突破し、興行収入が20億円を超えた人気作品である。 原作は高橋のぼるによる青年漫画「土竜の唄」であり、2015年11月時点で46巻まで発売されている。またスピンオフ漫画「土竜の唄外伝 狂蝶の舞」も発売されており、こちらは2015年11月時点に4巻まで発行されている。 この作品は、正義感はあるものの問題児な警察官である主人公が暴力団組織への潜入捜査を命じられ、様々なピンチや抗争に巻き込まれながらもそれらを乗り越えていく姿を描いた作品である。 監督は「着信アリ」「クローズZERO」の三池崇史がつとめ、脚本は「木更津キャッツアイ」シリーズや「あまちゃん」の宮藤官九郎がつとめた。 主演は「脳男」「予告犯」でも主演をつとめた生田斗真、主人公の兄貴分となる若頭役は「着信アリ」「舞妓Haaaan!!!」で監督、脚本の各作品に出演経験のある堤真一が演じた。

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJIの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
3.503.50
脚本
3.503.50
キャスト
4.004.00
音楽
5.005.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJIの感想

投稿する

土竜の唄

カッコ良さとコメディーのバランス衝撃のほぼ全裸の玲二のシーンから始まるインパクト!これからどんな事が起こるのだろうと思わせるスタートからコテコテのコメディーに始まり、実は結構真面目な設定だったってオチ。無茶苦茶な流れに思えるますが。潜入捜査のハプニングや過酷さや、リアルな現代取引の闇、刑事の必死さ。裏に見えるなかなか凝った設定に度肝を抜かれました。主題歌のイメージと男の戦い劇中に出てくるなぜか耳に残る映像と印象深い歌詞なのにおふざけ満載な唄。あの曲は絶対になくてはならない!潜入を土竜に例えた事もすごいが「根性決めれば怖くない」「潜って挙げろ」が印象的で、まさにこの映画シーンそのものを最初の段階で思わせた曲で。主題歌の「キングオブ男」は男同士の友情や女に対しても全てを守ってみせる男としてこの映画で大ヒットした、男のカッコ良さが出ている一曲。不思議と後に聞いてみると男感がコメディ&リアルな...この感想を読む

4.04.0
  • はなはるはなはる
  • 45view
  • 1007文字
PICKUP

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJIに関連するタグ

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJIが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ