神様はサウスポーのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

神様はサウスポー

3.703.70
画力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
3.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

神様はサウスポーのあらすじ・作品解説

神様はサウスポーは1988年から1990年にかけて週刊少年ジャンプに連載された作品である。作者は今泉伸二で後に、漫画ゴラクで続編も連載がされている。 ボクシングを題材として漫画で主人公は早坂弾である。父親は日本国内の上位に名を連ねるほどのボクサーであったが、対戦相手の死によって海外での活躍を誓う事となり、拠点も海外へ移す事となる。父親は渡米先のアメリカで死亡、その後、修道院に拾われて10年間あまりの時を修道院で過ごす事となる。日本に帰国後は亡き父の夢であったチャンピオンになるためにプロボクサーの道を志す。父親譲りのボクシングセンスで破竹の勢いで連勝を重ね、ついには父の無しえなかった世界一への扉にも手をかけるというストーリーとなっている。ボクシング漫画でありながら、弾を含めた登場キャラクターの壮絶な過去や経験等が描写されており、ボクシング作品としてだけでなく、人間ドラマとしても楽しむことが出来る作品となっている。

神様はサウスポーの評価

総合評価
3.703.70
(1件)
画力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
3.003.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

神様はサウスポーの感想

投稿する

今泉伸二氏らしい作品

泣かせる要素が多いのは今泉氏らしい今泉伸二氏の作品で印象に残っているのは、体操を題材とした「空のキャンバス」、野球を題材にした「チェンジUP!!」そして、この作品「神様はサウスポー」という人も多いのではないか。週刊少年ジャンプがまだまだ驚異的発行部数を誇っていた当時、コテコテの友情や格闘漫画、スポーツ根性物が人気であったが、そのコテコテな時代ですら、今泉氏の漫画の人情に訴えたスポ根ものは、やや設定に古臭さを感じた。それでもつい読んでしまうのは、どろどろな展開の昼のドラマや韓流ドラマについ見入ってしまうような感覚に近い。空のキャンバスやチェンジUP!!が、主人公の持病などを主眼に置いて描かれているのに対し、神様はサウスポーは比較的長期連載のボクシング漫画であったため、主人公のみならず対戦相手の凄まじい過去も事細かに描かれている。最初は単なる悪党に見えた対戦相手にも事情があり、人情があり、そして...この感想を読む

3.73.7
  • tamamatamama
  • 96view
  • 2246文字
PICKUP

神様はサウスポーに関連するタグ

神様はサウスポーを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

神様はサウスポーが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ