漂流教室のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 2,995件

漂流教室

5.005.00
画力
4.40
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
4.75
演出
5.00
感想数
2
読んだ人
2

漂流教室のあらすじ・作品解説

漂流教室は、構図かずおの漫画作品である。週刊少年サンデーにて1972年23号から1974年27号まで連載し、単行本全11巻を刊行した。 今作品は、小説や映画化、ドラマ化されており、小説は角川文庫から5巻にわけて刊行し、映画は1987年に東宝東和により公開され、フジテレビがドラマ製作し、2002年1月9日から3月20日まで放送された。 高松翔は、あの時のことを思うと、空の雲や木々、雑草やゴミにたかるハエですら懐かしく感じ、思うかべてしまう。 あの出来事が起きる前。翔は、河童の貯金箱に貯めていたお金を持ち、玩具店に向かい、どうしても欲しかったおもちゃを眺めていた。お目当てのおもちゃはマイクで命令するだけで自由に動くという未来カー。 しかし、翔が購入したのは母親にプレゼントする腕時計。今朝、喧嘩した母親と仲直りするためであった。しかし、帰宅途中にプレゼントを落としてしまい、車に踏まれ壊されてしまう。 落ち込んだ翔は、行くあてもなく、とぼとぼと学校の校庭に入るのだが、その時、大きな地震が起きてしまう!!

漂流教室の評価

総合評価
5.005.00
(2件)
画力
4.404.40
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
4.754.75
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

漂流教室の感想

投稿する

恐怖から生まれた美しさとは

1,とにかくエグい。楳図かずおさんの代表作、漂流教室。想像できないような展開が次々と待ち構えていて、読者を退屈させることなく精神的な恐怖を味あわせてくるのはもはや楳図かずお先生ならではの裏切りのない恐怖という素晴らしさ。恐怖の中にも希望があり、恐怖だけで止まることのない物語。恐怖とは何なのか、本当の恐ろしさとは..人間の考えだすものが一番の恐怖なのかもしれない2,主人公の強さとは仲間と呼べる間柄の中でもだんだんと一人の人間としての思考が生まれ、次第に考え方や行動もすれ違っていくのが人間というものである。そんな中次々と問題は容赦なく起こっていくが、どうにかしようと先頭に立つ者がいてそこに力を貸そうとついていく人がそれぞれの立場で協力して切り抜けていこうとする逞しさ。仲間とは、信頼とは。小さな子どもたちの考えつく行動とは、一歩間違えれば恐ろしくもあり勇敢なる勇気の塊なのかもしれない。3,光は必ず落...この感想を読む

5.05.0
  • りんご飴りんご飴
  • 7view
  • 1083文字
PICKUP

漂流教室の登場キャラクター

高松翔

よみがな:たかまつしょう ニックネーム:ショウ 年齢(作品時):12才 血液型:AB型 性別:男 国籍:日本 所属:大和小学校6年3組 性格:統率力があるのと、責任感が強い 特徴:運動神経がいい 物語上での目的:荒廃した未来を再生させるため

大友正雄

よみがな:おおとも まさお 性別:男性 国籍:日本 所属:大和小学校6年3組のクラス委員長 性格:冷静で合理的な判断を下し、自己犠牲の精神もある一方、物事が順調に運ばなかった場合に大声を上げて八つ当たりしたりと堪え性がなく、助からないと判断した仲間を躊躇なく見捨てたり、邪魔な者には冷淡にあしらう。 ...

関谷久作

よみがな:せきやきゅうさく 年齢(作品時):38歳 性別:男 所属:「長吉製パン」というパン屋 性格:漂流以前優しい人物を装っていたが、漂流後残忍醜悪 特徴:何度も子供たちの足を引っ張る 物語上での目的:学校を支配しようと目論む 最後:高松と共にこの世界に取り残されてしまった(生死は不明) 作中において:最...

キャラをもっと見る(5件)

漂流教室の名言

いいかっ!!ぼくたちはこれから、なんども試行錯誤をくりかえさなくてはならないのだっ!!

大友正雄

飢えのせとぎわのなかで、突如として現れた巨大なキノコ。食べられるかどうかを人体実験をして試そうと言う時の言葉です。

ユウちゃんはまだ子どもなんだ!たとえどんなことになっても… パパやママのそばがいいんだ!!

高松翔

主人公である高松翔が物語終盤、ひとりしか元の平和な世界に戻れないと分かった時に、一番小さなユウちゃんと言う子を最優先に戻そうと残った皆を説得する為に発した言葉。

みんな見ててくれ! 僕ちゃんと死ぬぞ!

仲田俊彦

異様にお腹がすく仲田くん。彼が食事をすると、途端に巨大な怪虫の化け物が現れる。いったんは翔の機転により怪虫は消滅するものの、怪虫の子供たちが異常繁殖。生徒たちはたちまち食われて白骨化する。 「怪虫はお前の妄想」だと責められる仲田くんをかばったのは、足の不自由な西さん。ところがその西さんが虫に囲まれ、あわや死にそうになった時、仲田君は自ら石斧を頭にぶつけて死に、怪虫は一瞬にして消えるのだった。

名言をもっと見る(4件)

漂流教室に関連するタグ

漂流教室を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

漂流教室が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ