ゾンビランドのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ゾンビランド

4.004.00
映像
4.00
脚本
4.00
キャスト
4.00
音楽
4.00
演出
4.38
感想数
4
観た人
6

ゾンビランドのあらすじ・作品解説

ゾンビランドは、ルーベン・フライジャー監督によるコメディタッチのゾンビ映画である。 ある日、新型のウイルスが発見される。謎の新型ウイルスは解明する余地もなく世界中に感染し、感染者は次々とゾンビと化していく。食い止めることが出来ない感染。人類は絶滅へと突き進んでいた。 感染はアメリカの半分以上の人々をも死に至らしめた。大学生のコロンバスはネットゲームに夢中で引きこもり気味だった軟弱な青年だが、ゾンビの魔の手から逃れられていた。彼は、ゲームや映画などで得たゾンビの知識を活かし、彼なりのルールを作り出し、生き残りにかけていた。 素早く振り返ること、トイレに用心を、ショッピングモールは補給基地など、誰もが納得する彼の32に及ぶルールを基に故郷を目指していたが途中、タラハシーという男と、したたかな幼い姉妹に出会い、ゾンビがいないという遊園地を目指すこととなる。 ゾンビから逃げる人々、独自のルールなどて笑いを込めた映画である。

ゾンビランドの評価

総合評価
4.004.00
(4件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
4.384.38

評価分布をもっと見る

ゾンビランドの感想

投稿する

感想をもっと見る(4件)

ゾンビランドに関連するタグ

ゾンビランドを観た人はこんな映画も観ています

ゾンビランドが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ