めぐりあう時間たちのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,748件

めぐりあう時間たちの評価

総合評価
5.005.00
(2件)
映像
4.254.25
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
4.254.25
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

めぐりあう時間たちの感想

投稿する

人生に対する選択を下すことに"生"を見い出していくドラマであり、真に人生と向き合うとはどういうことかを問いかける作品

1923年のロンドン郊外。ヴァージニア・ウルフ(ニコール・キッドマン)は、精神の病と闘いながら、初の大作「ダロウェイ夫人」を執筆している。 1951年のロサンゼルス。主婦であり母親であるローラ・ブラウン(ジュリアン・ムーア)は、「ダロウェイ夫人」を呼んで啓発され、自分の人生を断ち切ることを考え始める。 2001年のニューヨーク。クラリッサ・ヴォーン(メリル・ストリープ)は、エイズで死期の迫る詩人のリチャード(エド・ハリス)を友として愛している。 この三人は生きている時代も場所も異なるが、それぞれに抱える切ない思いと不安と苦悩によって、繋がっている。 日常と対峙し、自分の生きる場所を模索している三人の女性が、苦悩の末に自分自身で、人生に対する選択を下すことに"生"を見い出していくドラマであり、真に人生と向き合うとはどういうことかを問いかける作品であると思う。ヴァージニア・ウルフの小説「ダロウェイ夫人」を起点として...この感想を読む

5.05.0
  • dreamerdreamer
  • 24view
  • 2356文字
PICKUP

めぐりあう時間たちに関連するタグ

めぐりあう時間たちが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ