Love Letterのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

Love Letterのあらすじ・作品解説

岩井俊二監督、脚本のLoveLetterは1995年に公開した日本映画。誤配された恋文から始まる雪の小樽と神戸を舞台にしたラブストーリー。 モントリオール世界映画祭で観客賞、第19回日本アカデミーで優秀作品賞、第6回文化庁優秀映画作品賞など数々の賞を受賞した作品。 1999年には韓国でも公開され大人気を博した。 ストーリーは神戸に住む博子が山で遭難した婚約者の藤井樹の三回忌の帰りに彼の母、安代に誘われ、彼の中学校の卒業アルバムを見せてもらう。忘れられない彼への思いからアルバムに載っていた、彼が昔住んでた小樽の住所にあてもなく手紙を出す。すると数日後、来るはずのない返事が来た。博子が送った住所は今では国道になっていて、近くの住所に藤井樹と同姓同名の女性の藤井樹にその手紙は届く。樹は図書館で司書をしていましたが、風邪をこじらせている中、変な手紙に付き合っていたのです。やがて博子と樹の奇妙な文通が始まっていく。

Love Letterの評価

総合評価
4.504.50
(4件)
映像
4.254.25
脚本
4.754.75
キャスト
4.254.25
音楽
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

Love Letterの感想

投稿する

臭くない、味わい深い映画

しみったれた葬式にしないしみったれた葬式にしないで、淡々とした葬式シーンにしているのがこの作品で、私がぐっと惹かれたポイントである。まず、冒頭の幻想的な雪の中での葬式シーンは渡辺博子があまりにぼーとしており、周りの美しい雪の景色に溶け込みすぎてしまい、婚約者を亡くしたというより、口は悪いが頭がただ弱い子のように見えるだけであった。さらに、義母の様子も淡々としていて、果たしてこの葬式は誰のものだったのだろうかと疑問のまま冒頭のシーンは過ぎていく。しかし、この演出によって後の、博子と義母が葬式から2年後に二人でアルバムを見ながら泣くシーンが、ぐっと効果的に観る者を引き込んでくれることになる。中学生の子に対して嫉妬してしまう博子の様子をどやしつつ、そんなに息子を思い続けてくれていることに堪えられなくなってしまう義母。そして、それにつられ、今まで我慢していたものが一気に噴出する博子。思わず観て...この感想を読む

4.04.0
  • masanosukemasanosuke
  • 28view
  • 2395文字
PICKUP

感想をもっと見る(4件)

Love Letterに関連するタグ

Love Letterを観た人はこんな映画も観ています

Love Letterが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ