リリイ・シュシュのすべてのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

リリイ・シュシュのすべて

4.254.25
映像
4.38
脚本
4.38
キャスト
4.50
音楽
4.75
演出
4.00
感想数
4
観た人
7

リリイ・シュシュのすべてのあらすじ・作品解説

「リリィ・シュシュのすべて」は、2001年公開の岩井俊二監督による日本映画である。また原作は岩井俊二によりインターネットに用いられた掲示板で誰でも書き込みができる小説という方法で書かれている。物語は中学生の雄一はカリスマ性のある歌手「リリィ・シュシュ」の大ファンでリリィのファンサイト内で彼と同じくリリィに魅了された人たちと交流するのが日課であった。また雄一は学校でいじめにあっていた。彼を一番攻撃していたのは星野でありその星野は雄一にリリィを教えくれたクラスメイトでもあった。初めは二人とも旅行に行ったり仲が良かったが、いつしか星野は不良グループのボスとなり悪いことばかりするようになっていったのである。その後リリィのファンサイトのオフ会が開かれネットと現実とが混ざり合いやがて物語は悲惨な展開を見せていくのであった。少し複雑な部分もありながらも「リリイ・シュシュのすべて」は「中学生の心の闇」と評されることが多いようである。 本作で映画デヴューとなったのは蒼井優。出演は他に市原隼人など。

リリイ・シュシュのすべての評価

総合評価
4.254.25
(4件)
映像
4.384.38
脚本
4.384.38
キャスト
4.504.50
音楽
4.754.75
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

リリイ・シュシュのすべての感想

投稿する

青春の苦い部分

大好きな岩井俊二監督の作品。私は“ラブレター”や“花とアリス”といったほっこりする作品から岩井作品を拝見していたので、この映画の衝撃は凄かったです。14歳という多感な時期の陰湿・ダークな部分をリアルに描いていて、見ていてキラキラした青春の影にあった悩みや出来事を思い出しました。 多かれ少なかれ、中学時代っていろんな事が起きますよね。そして、中学~高校にかけてくらいが一番アーティストを崇拝しのめりこむ時期。人には言えない悩みや思いを、アーティストの歌に乗せて浄化させていく姿が、等身大に描かれています。個人的に衝撃だったシーンは、伊藤歩さん演じる久野陽子が坊主にして登校してくるシーン。 心が痛くなりました。そして伊藤歩さんはこの役の為に本当に坊主にされたとの事で、セカチュー以前の坊主女優!! 女優魂に感動です。 リリーシュシュ役がsalyuさんという所も◎! とても見ていて痛々しい映画ですが...この感想を読む

4.54.5
  • しましましましま
  • 120view
  • 408文字

感想をもっと見る(4件)

リリイ・シュシュのすべてに関連するタグ

リリイ・シュシュのすべてを観た人はこんな映画も観ています

リリイ・シュシュのすべてが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ