アメリカン・プレジデントのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

アメリカン・プレジデントのあらすじ・作品解説

アメリカン・プレシデントは1995年にアメリカで公開されたラブロマンス映画である。 日本での公開年月は1996年2月となっている。 主演のマイケル・ダグラスをはじめ「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのマイケル・J・フォックス、「ウォール街」のマティーン・シーンといったハリウッドでも人気のある俳優達が脇役として名を揃えており、ヒロイン役は「アメリカン・ビューティー」のアネット・ベニングが演じている。 全世界での興行収入は1億787万ドルでアメリカでは約6000万ドルとなっている。 この映画はアメリカ合衆国大統領のアンドリューが弁士のシドニーに恋をし、晩餐会に招待し2人でダンスを楽しむなど急激に仲を縮めていくものの、大統領の座を狙う議員のラムソンはそれを利用してアンドリューを策略に追い詰め、シドニーは責任を感じ別れを告げるがシドニーに対するアンドリューの愛は変わらず…といういわゆる"大人のおとぎ話"のような内容になっている。

アメリカン・プレジデントの評価

総合評価
3.003.00
(2件)
映像
2.752.75
脚本
2.752.75
キャスト
3.253.25
音楽
2.752.75
演出
2.752.75

評価分布をもっと見る

アメリカン・プレジデントの感想

投稿する

恋愛ものにしても選挙ものとしても中途半端な作品

ロブ・ライナー監督にしては・・・監督ロブ・ライナーは「スタンド・バイ・ミー」や「ミザリー」、「ストーリー・オブ・ラブ」など、その鬼才ぶりを発揮しながらもその優しげな表情が魅力的で好きな監督の一人だ。「ストーリー・オブ・ラブ」では自らも出演し、その人柄の良さがにじみ出ているような役柄がよくはまっていた。ラブロマンスもうまいと思うし、「ミザリー」のような一方的な狂気に満ちた愛もリアルで怖いくらいだった。だから今回も大統領とロビイストの恋という華やかなロマンスを想像して観たのだけど、ロブ・ライナーの真髄がこの映画ではあまり感じられなかった。ストーリーにはそれほど波はなく、大どんでん返しを狙ったような大仰な演出もない。そこは好感が持てたのだけど、テーマである「大統領とロビイストの恋愛」にもっとロマンティックなものを感じたかった。大統領選を目の前にして様々な障害が二人に訪れるけれど、その障害もち...この感想を読む

1.51.5
  • miyayokomiyayoko
  • 6view
  • 3610文字
PICKUP

アメリカン・プレジデントに関連するタグ

アメリカン・プレジデントが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ