生きるべきか死ぬべきかのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

生きるべきか死ぬべきかの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.504.50
キャスト
4.504.50
音楽
4.004.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

生きるべきか死ぬべきかの感想

投稿する

笑いとサスペンスの大傑作です

笑いとサスペンスの見事な共存ナチス占領間近のポーランドの劇場一座と、ハムレット劇、夫婦俳優で主演俳優と女優、女優に恋いこがれる兵士、と、スパイ、ばれるばれないなどをおりまぜたスクリューボール・コメディですね。まあ、とにかく一つの作品の中に、笑い(基本ベースはコメディ)とサスペンス(ばれないか?殺されないか?)が見事に共存している映画って、そうはないのはないでしょうか。この作品は見事に両方をいけてます。劇団と劇団員を駆使して大きなペテンをしかけ、本物のナチスを騙して逃亡していくという、すごい仕掛けを行っていくのですが、それだけで十分、ストーリーとして成り立っていくはずなのに、お笑いの部分もまぜているところが秀悦。ブラックコメディといえばそれまでなんでしょうけど。印象的なシーンが展開めくりめく人の入れ替わりのシーン、何か困れば「ヒットラー万歳」と手を挙げるシーン、女優の誘惑でナチス幹部をそ...この感想を読む

4.54.5
  • マンチョビマンチョビ
  • 31view
  • 1049文字
PICKUP

生きるべきか死ぬべきかに関連するタグ

生きるべきか死ぬべきかが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ