フォー・ウェディングのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,782件

フォー・ウェディングのあらすじ・作品解説

フォー・ウェンディングは1994年に公開されたイギリス製作のラブコメディ映画である。 ※原題は「For Weiddings and a Funeral」(4つの結婚式と1つの葬式)※ 「モーリス」や「噂のモーガン夫妻」ヒュー・グラントが主演を務め、脚本家のリチャード・カーティスが10年の間に60回以上もの結婚式に出席し、休日をむだにしてきた腹いせに作られたと言われている作品である。 なお、興行収入が2億円を越す大ヒットとなり後にリチャードは『ノッティングヒルの恋人』でもヒューと再びコンビを組んでいる。 ヒロインのアメリカ人女性・キャリーを演じるのは「ハドソン・ホーク」のアンディ・マクダウェル。 この作品は32歳のイギリス人男性チャールズが友人の結婚式に出席した際、招待客のキャリーに差と目惚れして何とかアタックして関係を持つことに成功するものの実はキャリーには婚約者がいることを知り愕然としてしまうチャールズにさらなる追い討ちがかかるという内容になっている。

フォー・ウェディングの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.004.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
4.004.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

フォー・ウェディングの感想

投稿する

フォー・ウェディングに関連するタグ

フォー・ウェディングが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ