ハリー・ポッターと炎のゴブレットのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

4.554.55
映像
4.80
脚本
4.50
キャスト
4.55
音楽
4.65
演出
4.50
感想数
10
観た人
22

ハリー・ポッターと炎のゴブレットのあらすじ・作品解説

ハリー・ポッターと炎のゴブレットは「ハリー・ポッター」シリーズで有名なJ・K・ローリングが2000年に発表した同名ファンタジー小説を原作とし、2005年に監督マイク・ニューウェルによって映画化され、日本では2005年11月26日に公開された作品である。なお同シリーズの4作目である。日本での興行収入は110億円を超えた。 今作ではホグワーツ魔法魔術学校の4年生となったハリーの物語が描かれている。大きなテーマとして、ハリーの宿敵であるヴォルデモートの復活があり、学校の大イベントである三大魔法学校対抗試合を舞台にハリーと、仲間のロン、ハーマイオニーと協力して試合で戦った友が亡くなる悲劇を乗りこえながら進む作品である。 この作品はビデオカセット、DVD、ブルーレイディスクによってソフト化されており、限定生産版や特別版など様々な種類が発売された。このほかトレンディングカードや、ニンテンドーDS,ニンテンドーゲームキューブに対応したゲームソフトが2005年11月26日に発売された。

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの評価

総合評価
4.554.55
(10件)
映像
4.804.80
脚本
4.504.50
キャスト
4.554.55
音楽
4.654.65
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの感想

投稿する

この後の作品でも重要となる呪文と魔法薬

「許されざる呪文」マッド・アイ・ムーディが「闇の魔術に対する防衛術」の先生になって「許されざる呪文」のことをおしえます。この呪文の中でヴォルデモートが消えた後、魔法省を困らせたのが「服従の呪文(インペリオ)」、この呪文をかけられたせいで自分は悪いことをしていたのだと「デスイーター(死喰い人)」になったものが次々罪を逃れようとしました。「許されざる呪文」とは文字通り使うことを許されない呪文で、人間に対し使用した場合はアズカバンで終身刑になるほど重い罪です。かつてデスイーターだったルシウス・マルフォイですが、「服従の呪文」をかけられていたといって罪を逃れています。しかし、「秘密の部屋」でハリーがドビーを解放した時に、ハリーに向かって「死の呪い(アバダケダブラ)」をかけようとしていました。結局ドビーによって撥ねかえされましたが、完全にアズカバン送りになる行為だったといえるでしょう。魔法省で禁...この感想を読む

5.05.0
  • kilyoukakilyouka
  • 39view
  • 2074文字
PICKUP

仇敵の復活と結び直される友情

大人気『ハリー・ポッター』シリーズの第4作目です。この作品の見どころは、大きく『三大魔法学校対抗試合』と『ヴォルデモートの復活』に分けられます。『三大魔法学校対抗試合』では、本来出場資格がないハリーが選手が4人目の代表選手に選ばれたことから、あれだけ強い絆で結ばれていたはずのハリーとロンの友情にひびが入ります。ハーマイオニーが間に入りますが、双方かたくなになってしまいます。しかし、『三大魔法学校対抗試合』の過酷な課題を目にすることで、ハリーが単に『目立つ』ためだけに自ら立候補することはないと気付いたロンと、ロンが戻ってきてくれたことの喜びや心強さから友情の素晴らしさを再度実感するハリーは、今まで以上に強い絆で結ばれます。もちろん、その友情の中にはハーマイオニーも含まれているのですが、彼女の心の中にはロンに対する別の感情が芽生えつつあり……清々しく、微笑ましい青春物語です。一方、『ヴォル...この感想を読む

4.54.5
  • 月読三葉月読三葉
  • 52view
  • 719文字

感想をもっと見る(10件)

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの登場キャラクター

シリウス・ブラック

よみがな:しりうすぶらっく ニックネーム:パッドフット 性別:男 住まい:グリモールドプレイス 性格:少々短気だが優しい 特徴:伸び放題の髪の毛とギロギロとした目 特技:犬に変身する動物もどき(アニメーガス) 好きな食べ物:かぼちゃジュース 物語上での目的:主人公(ハリー)の名付け親であり、ハリーの親代わり...

フラー・デラクール

性別:女性 国籍:フランス 所属:ボーバトン魔法アカデミー 性格:ナルシスト 特徴:ヴィーラと人間のクォーター 兄弟:妹1人(ガブリエール) 就職先:グリンゴッツ魔法銀行 瞳の色:青色 婚約者:ビル・ウィーズリー 立場:大魔法学校対抗試合の代表選手

アラスター・ムーディ

よみがな:あらすたー・むーでぃ ニックネーム:マッド・アイ 性別:男 所属:「闇の魔術に対する防衛術」教授 性格:歳を取るごとに被害妄想に取り憑かれるようになり、非常に疑り深い性格 特徴:歴戦の負傷により顔は傷だらけで、口は歪み、鼻は大きく削がれている。更に左目と左足も失い、物を透視することが可能...

キャラをもっと見る(7件)

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの名言

If you want to know what a man's like,take a good like at how he treats his inferiors

シリウス・ブラック

シリウス・ブラックがロン・ウィーズリーに向かって言った言葉

何に生まれたのかは重要ではない、どう成長するかなのじゃ。

アルバス・ダンブルドア

ダンブルドアが、自分の生まれた境遇のせいで周囲の人たちに危害が加わっていることに対して悩むハリーに対して言った言葉。人生は自分次第で変得ることが出来ると伝えたかったのだろう。

私は私であることを恥じない、恥じたこともない。父がよく言っていた。”お前を邪魔するやつが現れるだろう、だが、そいつらに煩わされる必要はない。”とな。

ルビウス・ハグリッド

自分の境遇に悩み、落ち込んでいたハリーに対して言った言葉。君は君だから他人に何と言われても気にすることはないよと伝えたかったのだろう。

名言をもっと見る(7件)

ハリー・ポッターと炎のゴブレットに関連するタグ

ハリー・ポッターと炎のゴブレットが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ