哀しみのトリスターナのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

哀しみのトリスターナ

4.004.00
映像
4.00
脚本
4.00
キャスト
4.50
音楽
4.00
演出
4.50
感想数
1
観た人
1

哀しみのトリスターナの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.504.50
音楽
4.004.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

哀しみのトリスターナの感想

投稿する

異端の芸術派監督ルイス・ブニュエルが描く、女の業と男の老残の哀れ

このルイス・ブニュエル監督の「哀しみのトリスターナ」は、実に厳しい映画だ。そして、女はこわい、ということを心の底から感じさせてくれる映画だ。1930年頃のスペイン。16歳で孤児になった清純な娘トリスターナ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、知り合いの貧乏貴族ドン・ロペ(フェルナンド・レイ)に引きとられ、この尊大で好色な老人に、全く無抵抗のまま犯されてしまう。娘から女になって自我にめざめた彼女は、若くたくましい肉体を持つ画家(フランコ・ネロ)と恋に落ちて、駆け落ちまでしてしまう。だが、彼女は二年後に悪性の腫瘍ができて舞い戻り、手術で片足を切断することになる。もう、彼女は愛というものを信じきれなくなっており、画家とも別れ、今は姉の遺産で金持ちになったドン・ロペと正式に結婚する。だが、彼女は夫を徹底的に拒み続けたあげく、降りしきる雪の夜に、心臓発作で倒れた夫を冷然と見殺しにして、むなしい報復を遂げるのです。この...この感想を読む

4.04.0
  • dreamerdreamer
  • 30view
  • 780文字

哀しみのトリスターナに関連するタグ

哀しみのトリスターナを観た人はこんな映画も観ています

哀しみのトリスターナが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ