ウォール街のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ウォール街

4.254.25
映像
4.00
脚本
4.25
キャスト
4.25
音楽
4.00
演出
4.25
感想数
2
観た人
2

ウォール街のあらすじ・作品解説

ウォール街は1987年にアメリカで製作された作品である。監督はオリバー・ストーンで主演はマイケル・ダグラスとなっている。なお、主演のマイケル・ダグラスはこの作品でアカデミー主演男優賞を受賞している。 物語は映画のタイトルにあるようにアメリカに実際にある金融街ウォールストリートを舞台に描かれている。 一代で巨額の財を成したゴードン・ゲッコーのもとに若手の証券マンのバド・フォックスが訪れる事で物語が進んでいく。徐々に親交を深めていくが、したたかなゴードンはバド・フォックスからインサイダー情報を聞きだし、そのインサイダー情報をもとに株式市場で巨額の富を得る。その事を知った、バド・フォックスはゴードンに対して復讐を計画する。 ゴードンがインサイダー情報をもとに手に入れ、巨額の富を得ることになった企業の株式を操作し、ゴードンに多大な損失を与える事に成功し、ゴードンをインサイダー取引の罪で逮捕させることに成功する。ゴードンとバド・フォックスのスリリングな頭脳戦が見どころの作品である。

ウォール街の評価

総合評価
4.254.25
(2件)
映像
4.004.00
脚本
4.254.25
キャスト
4.254.25
音楽
4.004.00
演出
4.254.25

評価分布をもっと見る

ウォール街の感想

投稿する

安易な金より、実のある人生!

いやー、やっぱり古い映画にいい映画がいっぱいあるね。俺が生まれた年周辺も素晴らしい。1985年→ゴーストバスターズ、グレムリン、ゴジラ、ネバーエンディングストーリー1986年→バックトゥーザフューチャー、トップガン、プラトーン、エイリアン1987年→アンタッチャブル、【ウォール街】、危険な情事、張り込み、リーサルウェポン、ハチ公物語私は証券の話はほぼ分からない人間ですが、それでも内容が理解できましたし、話にすごい引き込まれます。マネーバトルの現場がよく伝わります。そしてマイケル・ダグラスのかっこよさは半端ない!そしてマーチン・シーンとチャーリー・シーン親子もかっこいいし、ホントの親子だからリアルさ半端ない。続編?の『ウォール・ストリート』は監督もオリバーストーンで、マイケル・ダグラスもまた出ている作品になりますが、まだ見てません。ぜひ観たいと思います。この感想を読む

4.54.5
  • ABCDEITOABCDEITO
  • 43view
  • 381文字

ウォール街の登場キャラクター

ゴードン・ゲッコー

ウォール街の名言

Greed, for lack of a better word, is good. (「言っちゃ悪いが、強欲は善だ」)

ゴードン・ゲッコー

株を買い占めた会社の株主総会に乗り込んだゲッコーが演説の際に口にした言葉。

ウォール街に関連するタグ

ウォール街が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ