蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTHのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,466件

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH

5.005.00
映像
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
3.00
声優
4.00
音楽
5.00
感想数
1
観た人
1

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTHのあらすじ・作品解説

『蒼穹のファフナーHEAVEN AND EARTH』は、2004年7月から12月までテレビ東京系で放送されたXEBEC制作によるテレビアニメ『蒼穹のファフナー』の続編として2010年12月に公開された映画である。 このシリーズ作品は、近未来、宇宙から飛来した未知の生命体『フェストゥム』によって侵略された地球で、太平洋に浮かぶ『竜宮島』を舞台に島の子供たちが巨大ロボット『ファフナー』に搭乗して島を守る群像劇である。 『蒼穹のファフナーHEAVEN AND EARTH』の物語は、人類に味方するコアの解放と皆城総士の救出を目的とした『第一次蒼穹作戦』から2年後の『竜宮島』から始まる。2148年、新たに誕生したミールの使者として『来栖操』と名乗る人の形をしたフェストゥムが島に訪れ、主人公『真壁一騎』をはじめとする島の子供たちは新たな戦いに巻き込まれていくことになる。 2005年にスペシャル番組『蒼穹のファフナーRIGHT OF LEFT』、2015年にTVシリーズ2期『蒼穹のファフナー EXODUS』が制作された。

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTHの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
3.003.00
声優
4.004.00
音楽
5.005.00

評価分布をもっと見る

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTHの感想

投稿する

フェストゥムという存在をより強く感じる一作

大丈夫、必ずそこへ帰る蒼穹のファフナーTVシリーズより6年、待望の続編が劇場作として発表された。様々なものを竜宮島にもたらし、大切なものを守って、でも故郷に帰ることのかなわなかった総士の帰還に至るまでの物語である。誰もが待ち望んだ展開が描かれている本作であるが、その中に新たに分かった重要な事項が多分に含まれている。新たなファフナーパイロット達、それぞれのフェストゥムへの感情竜宮島では限界は近いもののTV版でのパイロットの大半や、更に甲洋まで(肉体としての姿はないが)もが復帰し、新たな新世代パイロットが誕生している。新たなファフナーも多数登場しているが、紅音にもたらされた知識や技術により体への負担が減っているなどの点は前作で悲劇を多々目にしてきた人間には明るい話題として見れただろう。しかし敵も学習するという点はやはりそのままで、相手にするにも一筋縄ではいかないものばかりだった。その中で新...この感想を読む

5.05.0
  • coaccocoacco
  • 10view
  • 2019文字
PICKUP

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTHに関連するタグ

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTHを観た人はこんなアニメも観ています

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTHが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ