ダーティペアのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

ダーティペア

4.504.50
映像
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
声優
5.00
音楽
4.00
感想数
1
観た人
1

ダーティペアのあらすじ・作品解説

ダーティペアは、高千穂遥によるSF小説を原作したアニメで、1985年に日本サンライズ(現:サンライズ)によってテレビアニメ化された作品である。また、テレビシリーズ放送後に、OAVおよび劇場版も作成された。 ストーリーは、グラマラスな美女二人が、トラブルを巻き起こしながらも事件を解決していく、銀河系宇宙を舞台をしたスペースアクションオペラである。二人の正式なコードネームは”ラブリーエンゼル”だが、本来の名で呼ばれることは殆どなく、毎回多大な被害をもたらすことから付いたあだ名が、”ダーティーペア”の由来である。 主人公の一人”ケイ”は赤毛のウルフカットと、小麦色の肌が印象的な情熱的な美女であり、相棒である”ユリ”はロングストレートの黒髪が自慢のフェミニンな印象を持つ対照的な美女である。そして、そんな二人の服装の露出が非常に多く、銀色のホットパンツに、襟付きの丈の短いチューブトップのようなジャケット、足元はロングブーツという、何とも悩ましい格好なのも特徴である。

ダーティペアの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
声優
5.005.00
音楽
4.004.00

評価分布をもっと見る

ダーティペアの感想

投稿する

破茶滅茶なコンビだけど、スカッとするコンビ

WWWAというトラブル対処専門機関に所属するユリとケイのコンビが、依頼を受けた事件を解決していくという単純な話なのだが、解決の仕方が破茶滅茶で、破壊とかなしに穏便に解決にしなければいけないのに、無謀な事で無理やり解決するので、上司は毎回嘆くというパターン。「ラブリーエンジェル」というコンビ名で登録しているのに、破壊しまくりの解決手段なので、「ダーティーペア」と呼ばれるのは仕方ない。しかし、解決していく話の中には、シリアスものもあれば、完全に製作サイドのお遊び要素の話もあるので、飽きさせない。小説版も出ているが、やっぱり現実に画面で動くユリとケイを観る方が絶対いい。テレビシリーズは、やはり大人の都合(新番組再編)で割と早期に終了してしまったが、ファンの熱い要望で、OVA版が出て、映画にもなった。しかし、二人のコスチュームが変わったので、頭の切り替えに時間がかかったが、コスチューム面に関しては、個人...この感想を読む

4.54.5
  • うさぼううさぼう
  • 27view
  • 647文字

ダーティペアに関連するタグ

ダーティペアを観た人はこんなアニメも観ています

ダーティペアが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ