ある意味革命的だった - 少女革命ウテナの感想

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,422件

少女革命ウテナ

4.754.75
映像
4.38
ストーリー
4.63
キャラクター
3.88
声優
4.88
音楽
4.38
感想数
4
観た人
6

ある意味革命的だった

4.54.5
映像
3.0
ストーリー
4.5
キャラクター
1.0
声優
4.5
音楽
3.5

目次

耽美的な世界

何もかもが斬新な演出でした。学校の一部が別世界になっていたり、空に巨大な城が浮かんでいたり、決闘の時にヒロインのウテナの衣装が僅かに変わりますが、従来の魔法少女作品と違い、そのシーンはかなり異質でした。最初はやたらと長い階段を上がって行くだけでしたが、中盤から檻をイメージしたかのようなエレベーターに乗り込みます。そして、「薔薇の花嫁」であるアンシーがウテナの身体をなぞると、その部分が変化していきます。このシーンのいちいちエロい事。更にアンシー(後にウテナ)の胸から「ディオスの剣」を抜き出す時も、指先の動きが妙にセクシー過ぎて、「テレビでやる演出にしては、かなり勇気がいるな」と思いました。そういう演出が『ウテナ』ではちょいちょい現れます。乱れた服装から、室内で何があったのかを視聴者に想像させたり、セリフの言い方が一歩間違えれば下ネタだったりと後半になるにつれ「なんでもアリ」の世界でした。特に驚いたのは樹璃の親友である枝織が彼女の目を両手で塞ぎ、彼女の恋人とキスをしている場面です。こんなシーン、放送しても良いんでしょうか。というシーンがこれでもかっ、というぐらい出てくるのが『ウテナ』です。訳の分からないシーンでも、『ウテナ』の世界なら何か納得してしまう。それが普通に思えてくるから面白いんです。でも、一つだけ気になるのは、あの「影絵少女」です。いつもいつも肝心な所で、「かしら、かしら、ご存知かしら」と思わせぶりな言葉を残して行くあの二人は一体何者だったのでしょう。

王子様になりたかった少女

1人ぼっちになってしまった女の子の前に、白馬に乗った王子様が現れます。王子様は泣いている少女に指輪を与えます。少女は自分を励ましてくれた王子様に恋心を抱くのではなく、なんと自分が王子様になる決意をしてしまうのです。なぜ?という疑問から始まるこの作品は、天上ウテナが親友の若葉の為に西園寺葵一と決闘する事から物語りは動き出します。この時、アンシーは西園寺の「薔薇の花嫁」でした。しかし、西園寺のアンシーに対する態度はひどく、ウテナはアンシーの為にも西園寺と勝負をしますが本物の剣と竹刀では勝負になりません。絶体絶命のその時、上空の城から王子様が舞い降り、ウテナと一体化します。結果はウテナの勝利なんですが、この後ですっ。負けた西園寺にアンシーがニッコリ笑って言うのです。「さようなら。西園寺、先輩」この一言はかなり効きます。なまじ笑っているだけに怖いですっ。そして、ウテナの前に現れたアンシーが言うのです。「私は薔薇の花嫁。今日から私はあなたの花です」何じゃそりゃーっ。というのが、ウテナと視聴者の心の本音でしょう。「薔薇の花嫁」であるアンシーを手に入れれば「世界を革命する力」が得られると、選ばれたデュエリスと達が戦います。そんな彼らを相手に、ウテナはアンシーを守る為に戦い続けました。しかし、アンシーの兄である鳳暁生に恋をしたり、アンシーに嫉妬したりとウテナの心は乱れます。しかし、暁生によって自由になれないアンシーを救うべく彼女は戦います。傷だらけになりながらやっとこじ開けた棺の中、アンシーを見つけます。手を差し伸べるウテナを拒むアンシーですが、傷だらけの指にやっと勇気を出します。互いの指を伸ばし、もうすぐでアンシーが出られると思った瞬間。彼女は棺ごと落下します。アンシーを助けられなかったウテナは、「世界」から弾き出されました。結局、この話って何が「革命」だったのでしょう?ウテナは「世界」から拒まれ、人々の記憶の中からも消えてしまいました。たった1人を除いては。アンシーは、やっと暁生の前から去る決意をします。自分の力でウテナを見つけて見せると微笑む彼女は、もう以前のアンシーではありませんでした。おそらく「革命」というのは、アンシーの心ではないでしょうか?一歩踏み出して「外の世界」へ行く勇気。それがこの作品のテーマではなかったのでしょうか。

愛のありか

この作品の中には様々な愛の形が存在します。例えば、生徒会長である桐生冬芽は幼い頃に出会ったウテナの姿が忘れられません。そして、そんな彼の妹である七実は実の兄である冬芽に密かな恋心を抱いています。有栖川樹璃は同性である親友の枝織に片想いをしている。薫幹は姫宮アンシーを美化し過ぎて、彼女を天使か女神のように崇拝しています。それぞれが誰かを愛しているのですが、その全てが報われない想いです。相手が同性だったり、肉親だったりと決して伝えられない想いもあります。そして、そんな望めない想いを叶える為に彼らは「世界を革命する力」を欲するのでしょうか?もし、本当に「世界を革命する力」を得られた時に彼らの愛は伝わるのでしょうか?この世界で1番難しいのは、相手に自分の気持ちを伝えるという簡単な事なのかもしれません。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

どこから力が来るのか

いまも語られるこのレビューを書いている2016年時点で、ウテナがテレビ放映された1997年から20年ちかく経っていますがいま現在でもアニメ、映像、舞台系からミュージックシーンまで多岐にわたる分野において、この作品の名前を挙げたレビュー、コメントを目にすることがあります。私自身も最近、ロックバンドをしている友人から「絶対運命黙示録」ってどんな曲なの?と聞かれました。ヴィジュアル系バンドによるカバー曲がいまも発表されているようです。現在でもどこかでウテナというパワフルなコンテンツがあったことが影響を与えていて、まったくカテゴリー違いの人からウテナについて聞かれる事があるのは、ファンとしてはうれしい限りです。薔薇のフレーム私自身もテレビ放映時にリアルタイムで観ていましたが、ウテナの世界に対して子供すぎて、当時はなんだかわからないけど衝撃的でした。同時代のアニメに知識があるわけではなく具体的に比較作品を...この感想を読む

5.05.0
  • たつこたつこ
  • 46view
  • 2247文字
PICKUP

幾原ワールド全開!

私は『少女革命ウテナ』を観て幾原邦彦監督の世界観にハマりました。とにかく幾原監督が作る作品には女の子が好きなものが沢山詰まっていると思います。『少女革命ウテナ』は正にその代表で、可愛い女の子たちに素敵な王子様、ドレスや剣等まるで夢の国のような世界が広がっています。しかし、それだけでないのがこの作品の魅力の一つです。この作品の主人公は天上ウテナという「王子様」になりたい女の子。普通の少女向けアニメなら可愛いヒロインとかっこいい王子様でいいはずが、この王子様を敢えて女の子がやるのです。私は少女という生き物は不思議な説得力があると思います。少女であるウテナが王子様の格好をし、必死にお姫様(姫宮アンシー)を守る。その絵は不格好に映るはずなのに、誰よりも気丈に振る舞うウテナはどの男性よりもかっこいい王子様に見える。そこまでの説得力があるのは、ウテナが男の人になりたいわけではなく、少女の心を持ったま...この感想を読む

4.54.5
  • よんよん
  • 19view
  • 664文字

世界観が作り込まれている

ポスト「エヴァンゲリオン」等と言われた事のあるこの作品だが、漫画から映像になった時の世界観の作り込まれ方が半端ない!それ故、ディオスの力とは何ぞや、世界を革命する力を得てから何をどないするのやら、など小難しい内容に対する疑問は絶えないが、J・Aシーザーの楽曲が素晴らしくマッチしている為、観ていてテンションが上がりまくるのでそれらはちょっとどうでも良くなる(笑)。川上とも子氏が亡くなられたのは本当に悔やまれるが、この作品に出演なさった事は本当に誇りに思われているであろうと思う。ガンダムを引き合いに出されると負けはするが、放送開始から20年近く経った今でもアニメグッズ販売店には本作品の関連商品が並んでいるのだ。昨今に多い「日常系」のユルいアニメもたまにはいいが、今やアニメは深夜帯に放送される事が多くその大半は子供向けでは無い為、もっと重厚な作りの本作品の様な難解なアニメも作られてもいいと思う。声...この感想を読む

5.05.0
  • さくたろうさくたろう
  • 7view
  • 617文字

感想をもっと見る(4件)

関連するタグ

少女革命ウテナを観た人はこんなアニメも観ています

少女革命ウテナが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ