戦争漫画、バトルマンガが好きなら読むべき作品 - HELLSINGの感想

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,133件

HELLSING

4.554.55
画力
4.13
ストーリー
4.48
キャラクター
4.70
設定
4.05
演出
4.42
感想数
4
読んだ人
9

戦争漫画、バトルマンガが好きなら読むべき作品

4.04.0
画力
3.0
ストーリー
4.0
キャラクター
5.0
設定
4.0
演出
4.0

目次

ナチス、カトリック、吸血鬼の三つ巴の戦いを描いた物語。

全10巻! ダラダラと長いストーリーではないので、読みやすい。

簡単に物語を説明しますと、主人公である吸血鬼アーカードが最強すぎるあまり、カトリックの神父が激怒して大暴れしたり、ナチスの少佐が率いる軍がロンドンを襲撃したりする物語です。

主要な登場人物を紹介します。

アーカード:何されても死なない。とにかく最強。最終的に女の子みたいな姿になってしまう。ロリカードと検索するとたくさん画像が出てくる。

セラス・ヴィクトリア:巨乳の婦警。アーカードに血を吸われて吸血鬼になってしまった女。マンガでは徐々にバストサイズが上がっていくので、注目だ。7巻あたりでチート化する。

インテグラ・ヘルシング:アーカードに指示を出す女。ヘルシング家の当主。サーチアンドデストロイ!サーチアンドデストロイ!というセリフが印象的。

ウォルター・クム・ドルネーズ:ワイヤーのようなモノを操って戦うおじいさん。とにかく強い。最終的には若返る。

アレクサンド・アンデルセン:銃剣をもって「エェェェェェイメェェェェン!!」と叫ぶことで有名な神父。OVA版では若本さんが演じられましたが、駄作と呼ばれるTVアニメ版では野沢那智さんが演じられました。TVアニメ版は駄作ですが、アンデルセンの声は若本さんも好きですけど野沢さんの声もかなり好きです。マンガではどちらの声に脳内変換してもいいと思います。第8巻から9巻にかけて繰り広げられるアーカードとの戦いは見物です。

少佐:ナチスを率いるデブ。しかし、このデブはただのデブではないのだ。かっこいいデブなのだ。ユーチューブなどで「少佐の演説」と検索すると、そのデブのかっこよさがうかがえる。作者とこの少佐はどことなく似ている気もする。

大尉:ナチスの軍の中ではおそらく最強の人物。セラスと一戦交える。

登場人物はほかにもまだまだたくさんいます。

戦いは、画力が上がると同時にだんだんと激しくなっていきます。1巻だけ読んでやめるというパターンの人も知り合いにいましたが、確かに1巻の絵はあまりうまくはないです。というか、7巻あたりでようやく画力が完全体になるのですが、うまくなりすぎです。

「諸君、私は戦争が好きだ」

ナチスの少佐が、率いている隊員たち(ミレニアム)に行う演説です。OVA版で見てもいいですが、やっぱり原作でしょう。

諸君 私は戦争が好きだ
諸君 私は戦争が好きだ
諸君 私は戦争が大好きだ

殲滅戦が好きだ
電撃戦が好きだ
打撃戦が好きだ
防衛戦が好きだ
包囲戦が好きだ
突破戦が好きだ
退却戦が好きだ
掃討戦が好きだ
撤退戦が好きだ

平原で 街道で
塹壕で 草原で
凍土で 砂漠で
海上で 空中で
泥中で 湿原で

この地上で行われる ありとあらゆる戦争行動が大好きだ

以下省略……

戦い狂う人たちが繰り広げるとにかく激しい戦争。

それはほかのマンガにはない本当に面白い作品だと私は思います。私はOVA版からこの作品を知りましたが、マンガのほうを読みつくしてからOVA版を見たほうが感動は大きかったかなと思います。TVアニメ版は正直面白くないので、見ても見なくてもどちらでもいいと思います。どれくらい面白くないかというと、作者自身が批判するくらいです。

1巻を読んだときに絵があまりうまくない印象を受けますが、物語が徐々にシリアスになっていくのに合わせてだんだんと画力が上がっていくので、ストーリーとの調和ができた画力であるという事を思えばそんなに気になるほどのものではないです。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

ヒラコー節は取り扱い注意?

何かと伝説の作品執筆十年、全十巻と、遅筆極まる連載スタイルでありながらも、その傑出した面白さとセンスで人気を集めて伝説となり、未だ根強く愛され続けている「ヘルシング」。その本番は、5巻の最終盤から始まるロンドン大戦争から始まるものであり、「ヘルシング」への評価のほとんどがそこからのものである。だがしかし、そもそもこの漫画は、それまでの準備期間からして秀逸であることも忘れてはいけない。もちろん「ヘルシングとはなんぞや」と問われれば、それはロンドンにて勃発する、剣と魔法と吸血鬼とガトリングとナチスのファンタジーバトルなり、と答えるのは当然であり、漫画の前半部分は、そこに立つ役者たちがいかなる者どもかという説明、すなわち導入でしかないだろう。のちのちの盛り上がりから見れば、「伊達男」だの「ルーク・ヤン兄弟」だのというのは、小粒であったと表現されてもおかしくはない。が、しかしながら、それは最後...この感想を読む

5.05.0
  • ダブルピースダブルピース
  • 2382view
  • 3505文字
PICKUP

登場人物は全員キ○ガイ!(セラスを除く)な「ドリフターズ」の平野耕太による三つ巴バトル漫画

主人公は最強(作品中だけでなくて漫画界最強?)の吸血鬼、まず死なないHELLSINGといえばかなりの人気があるバトル漫画作品であり、全巻で10巻なので揃えやすく、また内容の充実度も高いので男性になら特にオススメしたい漫画である。子供には薦められないが。某オモシロ大百科でも紹介されており、そこには「登場人物が全員チートを使っており、とりあえず死なない。死んだとしてもチートを上回るチートによって死んだだけであり、結局チートである」などとヒドい紹介をされている。まぁ実際にはほとんどその通りなので、言いたいことは分かるのだが…。ちなみに主人公のアーカードについては同ページでは「チートが多すぎてもはやバグ」などと書かれていた。初代ポケモンで例えるならセレクトボタン+Bボタンみたいな存在だろうか、これはゲームのデータではなく概念みたいなモノだが。主人公のアーカードは作中で最強であり、大口径ハンドガンによる...この感想を読む

4.74.7
  • カレン・ロウカレン・ロウ
  • 454view
  • 2881文字

吸血鬼の戦い

この作品はは作者平野耕太の代表作の一つでもあります。内容もとても面白く、一巻を読んだら次の巻へサクサク進んで読んでしまうほどの面白さです。設定も充実しており、吸血鬼の始まりとも言われるヴラド公を主人公にした作品です。主人公である吸血鬼『アーカード』があまりにも強すぎて、最初はラスボスのように思えますが、後半になると、何故こんなにも強いのか、そして何故戦っているのかと謎がわかっていきます。物語りが進むにつれ、主人公アーカードの異常すぎる強さが表れ、そのアーカードの主、『インテグラ』も主としての役目を全うし、最も自分の側にいた人物を殺されようとしても耐え、決して弱みを見せない美しく戦う女性です。黒幕は50年も前からただただアーカードを倒す為だけに大規模な軍隊を作り上げたカリスマで、一部では『世界一カッコイイデブ』とまで言われています。その黒幕の名言も数あり、敵でありながら納得してしまう場面...この感想を読む

4.54.5
  • しげぞうじいさんしげぞうじいさん
  • 47view
  • 552文字

感想をもっと見る(4件)

関連するタグ

HELLSINGを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

HELLSINGが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ