惑星のさみだれのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,133件

惑星のさみだれ

4.004.00
画力
3.50
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

惑星のさみだれのあらすじ・作品解説

惑星のさみだれは、2005年6月号から2010年10月号にかけてヤングキングアワーズで連載されていた水上悟士による青年漫画。ネット上において一時的に話題になり、物語の構成と伏線の見事な回収で評価も高い。 主人公の雨宮夕日は、愛想が悪く、人付き合いも好まない、冷淡で合理的な人物である。 ある朝、目の前にいた「指輪の騎士」の一角である、ノイ=クレザントにより、トカゲの騎士に選ばれる。 騎士達の役目は「姫」を守り、悪の魔法使いが作り出した兵器「ビスケットハンマー」を破壊する事。 夕日は、魔法使いが作った泥人形によって殺されそうなところを「姫」に助けられ、以降、忠誠を誓うようになる。 当初は厭世的な雰囲気を醸し出していた夕日だが、姫の家庭事情や自分の家庭事情を乗り越え、犬の騎士である東雲半月と、従者ルドの死を間近で経験し、他の騎士達との交流を深めていくうちに、人当たりがよく、前向きで社交的な性格へと成長していく。

惑星のさみだれの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
画力
3.503.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

惑星のさみだれの感想

投稿する

惑星のさみだれの登場キャラクター

東雲半月

雨宮夕日

朝日奈時雨

惑星のさみだれの名言

こんな人になりたい…って思わせるような子供達のヒーロー それが大人や

朝日奈時雨

これはヒロインの父親の言葉。 主人公とヒロインは魔法使いとの戦いに身を投じている。そのことを知らない父は、彼等の危なっかしさを感じ、彼等の一番身近にいる青年に、側にいてくれることを期待しつつ「大人として手本になってくれ」と上の台詞を言う。

仕方ないだろちゃんとしなきゃ ていうかかっこつけなきゃ あの子達から見たらぼくは多分 …大人に見えてるんだ

雨宮夕日

ノイと二人の帰り道。 白道八宵には教えなかった願い事の内容を、年下の茜太陽や月代雪待に教えた理由を問われ、返した言葉。

大人が笑うのはな 大人は楽しいぜって子供に羨ましがられるため 人生は希望に満ちてるって教えるためさ

東雲半月

夕日やさみだれに対して大人とは何かを教えるシーン 実際、夕日は彼の影響を受け成長する

惑星のさみだれに関連するタグ

惑星のさみだれを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

惑星のさみだれが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ