登場人物は全員キ○ガイ!(セラスを除く)な「ドリフターズ」の平野耕太による三つ巴バトル漫画 - HELLSINGの感想

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,133件

HELLSING

4.554.55
画力
4.13
ストーリー
4.48
キャラクター
4.70
設定
4.05
演出
4.42
感想数
4
読んだ人
9

登場人物は全員キ○ガイ!(セラスを除く)な「ドリフターズ」の平野耕太による三つ巴バトル漫画

4.74.7
画力
4.5
ストーリー
4.4
キャラクター
4.8
設定
4.2
演出
4.7

目次

主人公は最強(作品中だけでなくて漫画界最強?)の吸血鬼、まず死なない

HELLSINGといえばかなりの人気があるバトル漫画作品であり、全巻で10巻なので揃えやすく、また内容の充実度も高いので男性になら特にオススメしたい漫画である。子供には薦められないが。

某オモシロ大百科でも紹介されており、そこには「登場人物が全員チートを使っており、とりあえず死なない。死んだとしてもチートを上回るチートによって死んだだけであり、結局チートである」などとヒドい紹介をされている。まぁ実際にはほとんどその通りなので、言いたいことは分かるのだが…。ちなみに主人公のアーカードについては同ページでは「チートが多すぎてもはやバグ」などと書かれていた。初代ポケモンで例えるならセレクトボタン+Bボタンみたいな存在だろうか、これはゲームのデータではなく概念みたいなモノだが。

主人公のアーカードは作中で最強であり、大口径ハンドガンによる銃撃も強いのだが、まず死なない点が強い。普通、吸血鬼といえば日光を浴びて灰になる、銀の武器に弱い、心臓に杭を打つと死ぬ、十字架・聖水に弱い、聖書の内容に耳を背ける…などといった弱点があるが、このアーカードには何もない。日光でさえも「大嫌いなだけだ」などと言って受け付けない始末。吸血鬼の弱点の設定が生かされたのは南米に行く際、セラスが完全な吸血鬼ではないので「吸血鬼は流れる水を踏破出来ない」という箇所と、ミレニアムのリップ中尉の部隊が奪った空母イーグルで示威籠城戦を展開した時に使われた件くらいだろう。

ちなみにアーカードは殺しても死なないが、終盤で得た命の数を足した総数は342万4867である。他の漫画のキャラで比較すると、「鋼の錬金術師」のヴァン・ホーエンハイムが50万人分の命で、お父様の方は少しの間5000万人分の命を新たに手に入れたが、逆転の練成陣によりすぐにアメストリス人の魂が開放されたので、結果としてヴァン・ホーエンハイムと同じ数で間違いないだろう。50万と342万超の命のストック…もちろん序盤・中盤はもっと少なかっただろうが、何万回も何万回も殺さないと死なない設定の主人公なんて、HELLSINGくらいなものだろう。強すぎて誰も敵わない。

 

ここも見所、名言とポージングの多さ

「HELLSINGで思いつくことと言えば?」なんて質問をしてみたら、真っ先に少佐の演説を思い浮かべる人も多いことだろう。単行本4巻最後の話に、実に13ページもページ数を使って少佐が演説している一連の展開は他の漫画家には真似できない芸当だろう。平野耕太という漫画家を人がどのような思い入れをしているかは分からないが、こんな漫画を描けるのだから非凡な人間なのではないだろうか。

なお、一般的にはHELLSINGの名言で挙げられているのを聞いたことが無いが、個人的には単行本6巻に掲載されている第4話「THE SCREAMER」を挙げたい。12ページの話なのだが一話丸ごとが名言であり、セリフの長さと内容については少佐の演説に匹敵する(と思っている)。アンデルセン神父とイスカリオテによるモノで自分達の存在をとてもカッコよく表現しているので、気になった人はぜひ見て欲しい。

他にもHELLSINGの名言といえば「化け物を倒すのはいつだって人間だ。化け物は人間に倒される」、「見敵必殺<サーチアンドデストロイ>」、他にも数え切れないほどあるだろう。と言うよりも、単行本を手にとって適当にページをめくっていれば名言が見つかる気もする。ネットで名言スレなんかに書き込む機会があったら気に入ったこれらの名言を書き込んでみてはいかがだろうか。

また、キャラのポージングも魅力的であり、こちらも話題には上らなさそうだが、ジョジョやトライガンのキャラにも匹敵するステキポージングがあったりする。これもイチイチ挙げていくことはしないが、個人的には大尉とセラスの戦闘の、大尉がセラスに至近距離でメーターモーゼルを撃とうとするところなんかが印象に残っている。漫画であろうと映像作品であろうと同じなのだが、作り手は登場人物たちや持っている武器をコマや画面にバランスよく収めなくてはならないので、こういった部分はセンスや腕の見せ所なのだ。

 

キャラだけでなく、人類は全員戦争狂(ウォーモンガー)?

HELLSINGのキャラは全員生き生きとして戦っている、まるで戦争をするのが生き甲斐であるかのようだ。アンデルセン神父も最後の大隊もイスカリオテも、もちろんアーカードも全員だ。他にもインテグラ(何回か戦闘シーンがあるが)やマクスウェルも少佐も戦闘には直接は参加しないが皆楽しそうだ。戦争の暴力を楽しめるタイプの人間たち、ということを作者は描きたかったのだろうか。

キ○ガイだのウォーモンガー、ウォーマニアックスだのと書いたが、実はこういった事情は何も漫画だからとか、キャラがそういう風に描かれているといった事情ではないと思う。結論から言うと、我々人間は誰しもが暴力的な部分があるということだ、それが多いか少ないかだけの違いである。

別の漫画の世界にも暴力に関する名言はとても多い。Fate/Zeroでは(小説原作だが)衛宮切嗣が「人類の本質は石器時代から一歩も前に進んじゃいない」と戦いに絶望していたし、ヨルムンガンドではヨナが「悪魔みたいな力が武器にはあるんだ」と言っていたし、BLACK LAGOONでもキャクストン少佐がレイに「いつか本当に戦争がなくなると思うか」と言っていた。牙の旅商人ではゲンゾが「(滅んだ旧人類は)人殺しの道具作りだけはやたらと上手かった」とも言っていた。

これが知っている漫画の枠を超えて歴史上の偉人になると、どんな人物も「人間は暴力的に出来ている」とか「戦争はなくならない」というような発言をしている。間違っても「人間は平和的、友好的」とか「人類皆兄弟」みたいなことを言っていた偉人がいたのを聞いたことがない。いたとしたらそういう人間は頭がイカれていることだろう。おそらく人間は争い戦うように、神が下品に作り上げたのだろう。かといって命が保障されている人生も人間を腐らせる気がするので仕方の無いことかもしれない。ヒモの男みたいな人間だらけになったらなったで人類終わりのような気もするからだ。

HELLSINGには戦争というか、人間の本質が描かれているのかもしれない。作中でミレニアムは最終的に全滅し(シュレディンガー准尉はアーカードの中に存在するが)、イスカリオテもハインケル以外は全員死に絶え、主人公サイドの王立国教騎士団は当初からの3人とワイルドギースがいくらか生き残っただけである。人が死にまくった漫画として有名かもしれない。戦って皆いなくなって何も残らない、人類史でよくありそうな光景だ。HELLSINGという作品はこういう縮図になっているというか、人間は戦って数を減らし合って、生き残った者たちが苦い思いを抱えながら生きていくように出来ているのかもしれない。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

ヒラコー節は取り扱い注意?

何かと伝説の作品執筆十年、全十巻と、遅筆極まる連載スタイルでありながらも、その傑出した面白さとセンスで人気を集めて伝説となり、未だ根強く愛され続けている「ヘルシング」。その本番は、5巻の最終盤から始まるロンドン大戦争から始まるものであり、「ヘルシング」への評価のほとんどがそこからのものである。だがしかし、そもそもこの漫画は、それまでの準備期間からして秀逸であることも忘れてはいけない。もちろん「ヘルシングとはなんぞや」と問われれば、それはロンドンにて勃発する、剣と魔法と吸血鬼とガトリングとナチスのファンタジーバトルなり、と答えるのは当然であり、漫画の前半部分は、そこに立つ役者たちがいかなる者どもかという説明、すなわち導入でしかないだろう。のちのちの盛り上がりから見れば、「伊達男」だの「ルーク・ヤン兄弟」だのというのは、小粒であったと表現されてもおかしくはない。が、しかしながら、それは最後...この感想を読む

5.05.0
  • ダブルピースダブルピース
  • 2382view
  • 3505文字
PICKUP

戦争漫画、バトルマンガが好きなら読むべき作品

ナチス、カトリック、吸血鬼の三つ巴の戦いを描いた物語。全10巻! ダラダラと長いストーリーではないので、読みやすい。簡単に物語を説明しますと、主人公である吸血鬼アーカードが最強すぎるあまり、カトリックの神父が激怒して大暴れしたり、ナチスの少佐が率いる軍がロンドンを襲撃したりする物語です。主要な登場人物を紹介します。アーカード:何されても死なない。とにかく最強。最終的に女の子みたいな姿になってしまう。ロリカードと検索するとたくさん画像が出てくる。セラス・ヴィクトリア:巨乳の婦警。アーカードに血を吸われて吸血鬼になってしまった女。マンガでは徐々にバストサイズが上がっていくので、注目だ。7巻あたりでチート化する。インテグラ・ヘルシング:アーカードに指示を出す女。ヘルシング家の当主。サーチアンドデストロイ!サーチアンドデストロイ!というセリフが印象的。ウォルター・クム・ドルネーズ:ワイヤーのよう...この感想を読む

4.04.0
  • 螺子螺子
  • 126view
  • 1446文字

吸血鬼の戦い

この作品はは作者平野耕太の代表作の一つでもあります。内容もとても面白く、一巻を読んだら次の巻へサクサク進んで読んでしまうほどの面白さです。設定も充実しており、吸血鬼の始まりとも言われるヴラド公を主人公にした作品です。主人公である吸血鬼『アーカード』があまりにも強すぎて、最初はラスボスのように思えますが、後半になると、何故こんなにも強いのか、そして何故戦っているのかと謎がわかっていきます。物語りが進むにつれ、主人公アーカードの異常すぎる強さが表れ、そのアーカードの主、『インテグラ』も主としての役目を全うし、最も自分の側にいた人物を殺されようとしても耐え、決して弱みを見せない美しく戦う女性です。黒幕は50年も前からただただアーカードを倒す為だけに大規模な軍隊を作り上げたカリスマで、一部では『世界一カッコイイデブ』とまで言われています。その黒幕の名言も数あり、敵でありながら納得してしまう場面...この感想を読む

4.54.5
  • しげぞうじいさんしげぞうじいさん
  • 47view
  • 552文字

感想をもっと見る(4件)

関連するタグ

HELLSINGを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

HELLSINGが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ