実話を元にした野島伸司作品。 - 聖者の行進の感想

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

聖者の行進

4.434.43
映像
4.50
脚本
4.50
キャスト
4.50
音楽
4.17
演出
4.33
感想数
3
観た人
6

実話を元にした野島伸司作品。

3.53.5
映像
3.5
脚本
3.5
キャスト
4.0
音楽
3.0
演出
3.5

「高校教師」を始めとした野島伸司脚本のシリーズ。

当時大人気の俳優、いしだ壱成を始めとした若手俳優達が体当たりで知的障害者を演じています。

そして野島伸司作品の常連、酒井法子も出演、

健常者で障害者に音楽を教えるももちゃん先生を演じます。障害者達と、ひょんなことから関わる女子高生で登場するのは、まだ初々しいながらも若手女優として注目されていた広末涼子。

体当たりすぎる障害者役の松本恵、小林正寛の演技は思わず目を塞ぎたくなるほど。

そして雛形あきこが美しい肢体を惜しまずに魅せたレイプシーンは生々しく衝撃的です。

知的障害者を聖者と例えながら、

その純粋さのあまり酷い扱いを受ける、残酷さをリアリティに描くこの作品は、あまりに痛々しいもので、まだ障害者に対し偏見が強かった当時の世の中に、問題提起をしている作品かもしれません。まさ野島伸司らしい作品と言えます。

そして衝撃のラストは思いがけないもので、最後まで見終わった時やっと、このドラマが残酷だけじゃなく伝えたいメッセージを持ったもののように思えます。


主題歌に起用されている、中島みゆきの楽曲「糸」は後の数十年も 歌いつがれる名曲となります。

この歌の表す、人の心の温かさ、結びつきこそが、このドラマの願いなのかもしれません。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

障害者の生きる道

障害者は、弱くない、強いのだ。1998年この作品が放送されて私の中で衝撃が走った。なぜこのようなことが起きてしまうのだろうと悲しみでいっぱいになった。私はまだ結婚していなかったので実家で暮らしていた。私の実家には身体障害者のおじさんが一緒に暮らしている。私が生まれる前からずっとおじさんとは一緒だった。だから彼が人と少し違うと感じることはあったが、その障害についてどう思うとか考えた事もなかった。歩いて3分ほどで着く祖母の弟の家で働いていた。仕事は本当に真面目にやっていた。お昼休みには家に帰ってきてお昼を食べてまた仕事場に向かう。冷暖房のない工場で働いていたのだ。何度め通い慣れた道だから1人でも歩ける。言葉はきちんと喋れない。知らない場所で1人になるとパニックになり大声で叫びながら泣きだす。障害者は人の助けがいります。健常者と比較すると違うところがあります。ですが、どちらにも幸せになる権利があり何...この感想を読む

5.05.0
  • りかりか
  • 3025view
  • 2159文字
PICKUP

「正義は必ず勝つ」何度も観たくなる感動作

問題描写があるからこそ、真の問題が浮き彫りになっているこの作品では、知的障がい者を差別的に扱うシーンがかなりあからさまに表現されている。主人公永遠を、弟の友達たちがボールをぶつけて集団でいじめるシーンや、年頃の女性である妙子を授産施設の社長が強姦する、授産施設の男性が下着泥棒をしてしまうなど、今だったら抗議がありそうな描写がかなりたくさんある。しかし、過ちや歪んだ解釈を克明に表現することで、そういった差別や誤解から立ち上がり、幸せをつかもうとする登場人物たちに姿が、非常に鮮明になっている。かえって、もし社会の水面下に知的障がい者を差別する目が少しでもあるなら、かえってそういうものは「間違っている」と訴える意味でも、隠蔽するのではなく表に出して是正をすべきだと思える作品である。偽善について考えさせられるあからさまに障がい者福祉を自分への評価に利用している、竹中製作所の社長は、障がい者雇用...この感想を読む

4.84.8
  • tamamatamama
  • 237view
  • 1108文字

関連するタグ

聖者の行進を観た人はこんなドラマも観ています

聖者の行進が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ