人間・失格 たとえばぼくが死んだらのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,138件

人間・失格 たとえばぼくが死んだら

4.104.10
映像
3.25
脚本
4.25
キャスト
4.50
音楽
4.00
演出
5.00
感想数
2
観た人
6

人間・失格 たとえばぼくが死んだらのあらすじ・作品解説

人間・失格 たとえばぼくが死んだらは、1994年7月8日から9月23日まで毎週金曜日TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマである。主演は赤井英和。脚本は野島伸司。Kinki Kidsの初主演と言われているが、全編通しての主演は赤井英和となる。 このドラマは名門私立中学校を舞台にした、イジメや体罰、虐待、自殺と言った道徳的にタブーとだれる内容を数多く扱った作品であり、堂本剛演じる大場誠と、堂本光一演じる影山留加の親交を深めて行く所からはじまり、イジメや虐待に苦しむ誠が自殺することにより、赤井英和演じる父親が教師やイジメをした同級生を探し、復讐をしていくという内容を描いた社会派ドラマである。 また、このドラマで生徒に執拗に体罰を与える教師役を斉藤洋介が演じた。斉藤はこのドラマの後、悪人役のイメージが広がった。 その他にも、芸能界を引退した桜井幸子やテレビ露出が減った黒田勇樹など、懐かしのキャストを見れるのもこのドラマならではである。

人間・失格 たとえばぼくが死んだらの評価

総合評価
4.104.10
(2件)
映像
3.253.25
脚本
4.254.25
キャスト
4.504.50
音楽
4.004.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

人間・失格 たとえばぼくが死んだらの感想

投稿する

人間の強さと弱さについて考えさせられるドラマ_人間失格

父親の復讐心からみる弱い者と強い者。このドラマを見た時、誰もが大きな衝撃を受けただろう。それは当時幼かった私にとって、涙なしでは見れないドラマでした。鋭い恐怖を感じました。何故、人は自分よりも弱い存在と認識したうえでいじめを行うのだろうか。小動物は中学生にとっては弱い存在なのだろうか。確かに自分よりも小さく、言葉もしゃべる事が出来ない小動物は中学生からみたら弱い存在なのかもしれない。しかし、そう感じる人と感じない人がいて、ほとんどが、小動物に対して自分の方が強いのだ、と考えたりはしないはずです。いじめを犯す本人がただ弱い存在なのではないかと私は思います。いじめを犯す人こそが弱い存在です。当時から大人気だったジャニーズ事務所のkinkikidsの2人が出演していたこのドラマは、多くのジャニーズファンの若い子が見ていただろう。若い世代に向けて、いじめを少しでも減らすことが出来たら、、という願いもあっ...この感想を読む

4.04.0
  • りかりか
  • 78view
  • 2143文字
PICKUP

これを見たときは衝撃

この作品をみた当時は小学生でしたが、いじめというテーマで映像もなかなかショッキングなものがあり、かなり衝撃を受けました。最近、成人してから見返すと、誠の気持ち、父親の気持ち、そしていじめというものがどれだけ重いものだというのが理解でき、表現され、今のこの時代では考えられない酷い映像などがありますが、見た者はそのテーマについて考えさせられるでしょう。今の世の中では放送されないですが、一度放送してみて、みんなの意見をきいてみたいです。そして、当時ではあどけないキンキキッズの二人が主演で、特に堂本剛の演技にはかなり魅せられました。父親と二人でキャッチボールをする映像は今でも忘れられません。そして、父親に、俺学校行くわの一言。。。あそこで父親には止めてほしかった。。ラストは父親が加勢大周(役名忘れた)を許すのですが、ここには誠のことを考え、罪の意識によって自分で抑えたのかなあと思います。賛否両...この感想を読む

4.24.2
  • dairi-dairi-
  • 186view
  • 509文字

人間・失格 たとえばぼくが死んだらの登場キャラクター

大場誠

よみがな:おおばまこと 性別:男性 住まい:東京都 家族構成:父、継母 性格:正義感が強い 物語上での目的:いじめと体罰により自殺する 出身地:兵庫県神戸市 学校名:修和学院中等部 クラス:3年A組 部活動:写真部

影山留加

よみがな:かげやまるか ニックネーム:イルカ 年齢(作品時):15 性別:男 所属:中学3年生 性格:屈折している 特徴:成績優秀、クラス委員長 趣味:盗聴、盗撮 トラウマ:誠の死 好きな動物:ハツカネズミ

人間・失格 たとえばぼくが死んだらの名言

僕も、逃げんと行くわ お父さんの息子やから 学校行くわ!

大場誠

クラスメイトからの陰湿なイジメ、教師による執拗な体罰、嫌がらせにより登校拒否になっていた誠が、父との交流により学校に行くことを決意した時のセリフ。

人間・失格 たとえばぼくが死んだらに関連するタグ

人間・失格 たとえばぼくが死んだらを観た人はこんなドラマも観ています

人間・失格 たとえばぼくが死んだらが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ