天使が消えた街のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

天使が消えた街

4.004.00
映像
5.00
脚本
5.00
キャスト
5.00
音楽
5.00
演出
5.00
感想数
1
観た人
4

天使が消えた街のあらすじ・作品解説

天使が消えた街は、NTV系列にて2000年4月12日から6月28日にかけて放送されたテレビドラマである。 自閉症の兄と暮らしている、社会からはみ出してしまった青年が「生きる意味」を探しながら成長していく姿を描いたドラマである。 主人公の高野達郎を堂本光一、達郎の兄を藤井フミヤ、達郎の恋人で料理研究家助手をしている吉井タマキを内田有紀、超エリートで強この恋人であり婚約者でもある石田智也を細川茂樹、一流銀行のカウンセラーで会社員たちの悩みを聞きながらも自身は殴られ屋の常連客という進藤京子を酒井法子が演じている。 スタッフは、脚本:清水有生、音楽:Project R、プロデュース:河野英裕、演出:雨宮望、古賀倫明、荻野哲弘が担当しており、オープニングテーマ:KinKi Kids「もう君以外愛せない」、エンディングテーマ:藤井フミヤ「INSIDE」が起用された。 天使が消えた街は、VHSでは発売されているがDVDは未発売となっている。

天使が消えた街の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

天使が消えた街の感想

投稿する

ぜひ見てください。

このドラマはほんとうにいろんな人間模様が見えます。社会を敵対していて、友人の借金を肩代りし「殴られ屋」を営む青年達郎(堂本光一)が、突然腹違いの自閉症の兄・輝{藤井フミヤ)と出会い、2人でくらしていくところから話が始まります。輝はベットの位置・歯磨き粉の味など生活面でさまざまなこだわりを見せ、達郎を振り回していきます。藤井フミヤさんが演じる輝は本当に純粋無垢な人柄で、それをとても藤井フミヤは上手に演じてらっしゃいました。輝は人を疑うことをけしてせず、人を幸せにする天才だと私は感じました。達郎に「お前はいらない」と言われると輝は優しく、すこし寂しそうな目をしながら「いらない部品はありません。みんなみんな大事な部品です。」という台詞をいいます。その言葉を聞く度に「いらない人はいらない、みんな大事な存在なんだ、欠けてもいい人なんて存在しないんだ」と改めて思いました。人の死・出会い・別れ・家族...この感想を読む

4.04.0
  • たかこたかこ
  • 166view
  • 506文字

天使が消えた街に関連するタグ

天使が消えた街を観た人はこんなドラマも観ています

天使が消えた街が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ