イニシエーション・ラブのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,125件

イニシエーション・ラブ

3.303.30
文章力
4.20
ストーリー
3.20
キャラクター
3.00
設定
3.50
演出
3.90
感想数
5
読んだ人
23

イニシエーション・ラブのあらすじ・作品解説

『イニシエーション・ラブ』はミステリー作家乾くるみの小説で、2004年に原書房より刊行された。恋愛小説でありながら第58回日本推理作家協会賞候補作となるなどミステリーとしての一面も併せ持ち、「必ず2度読みたくなる」と評された彼の代表作である。映画化は不可能、と言われていた作品だが、2015年に堤幸彦がメガホンを取り、松田翔太主演で映画化された。 舞台は1980年代後半の静岡県、ごくごく普通の大学生である「鈴木」が人数合わせのために参加した合コンでショートカットが印象的な繭子と出会い、恋に落ちる。物語はside-Aとside-Bの2部構成になっており、side-Aでは「鈴木」にとって初めての彼女となった繭子との初々しい恋愛が描かれ、side-Bでは仕事のため東京へ行ってしまった「鈴木」の遠距離恋愛の様子が綴られている。誰もが若い頃一度は経験するであろう淡い恋物語を描きつつも、最後には驚きのエンディングが用意されている。

イニシエーション・ラブの評価

総合評価
3.303.30
(5件)
文章力
4.204.20
ストーリー
3.203.20
キャラクター
3.003.00
設定
3.503.50
演出
3.903.90

評価分布をもっと見る

イニシエーション・ラブの感想

投稿する

感想をもっと見る(5件)

イニシエーション・ラブの登場キャラクター

成岡繭子

よみがな:なるおかまゆこ

イニシエーション・ラブの名言

恋愛はイニシエーション=通過儀礼

成岡繭子

若い頃の恋愛は、後々に繋がる通過儀礼であるのであって別れの経験は必ず意味がありムダなものではない。

イニシエーション・ラブに関連するタグ

イニシエーション・ラブを読んだ人はこんな小説も読んでいます

イニシエーション・ラブが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ