ロートレック荘事件のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

ロートレック荘事件

3.753.75
文章力
5.00
ストーリー
4.00
キャラクター
3.75
設定
5.00
演出
3.75
感想数
2
読んだ人
3

ロートレック荘事件の評価

総合評価
3.753.75
(2件)
文章力
5.005.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
3.753.75
設定
5.005.00
演出
3.753.75

評価分布をもっと見る

ロートレック荘事件の感想

投稿する

『ロートレック荘事件』、叙述トリックを成功させるための仕掛けを読み解く

一人称に隠されたもう一人の登場人物『ロートレック荘事件』は叙述トリックを用いたミステリである。叙述トリックとしてはありがちな一人称での語り手が犯人であるという手法を使っているとはいえ、この小説には独特のオリジナリティがある。それは登場人物の一人である浜口修の存在がラストに至るまで徹底して隠されていたことである。読み手は浜口修と犯人の浜口重樹を同一の人物として認識しているが故、最後まで重樹が犯人であることに確信が持てない。確かに一人称での語りは読者をミスリードするのに適しているとはいえ、物語のラストに至るまでもう一人の登場人物を隠し通すのは並大抵のことではない。そんな筒井康隆の文章の技を検討してみたい。仕組まれた友人「工藤忠明」この物語には障害を持つ主人公重樹を支える友人として、大学の同級生工藤忠明が登場する。彼こそは読者をミスリードする最大のキーキャラクターである。この工藤の立ち位置は...この感想を読む

4.54.5
  • nekokonekoko
  • 306view
  • 2474文字
PICKUP

ロートレック荘事件に関連するタグ

ロートレック荘事件を読んだ人はこんな小説も読んでいます

ロートレック荘事件が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ