ティファニーで朝食をのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

ティファニーで朝食を

3.503.50
文章力
3.00
ストーリー
3.50
キャラクター
3.50
設定
3.00
演出
2.75
感想数
2
読んだ人
2

ティファニーで朝食をのあらすじ・作品解説

ティファニーで朝食をは、トルーマン・カポーティによる中編小説で、19歳の時にオー・ヘンリー賞を受賞し注目を浴び、作者が34歳の1958年にランダムハウスから出版された、3作目の作品である。 この作品はニューヨークを舞台に、美しいがお金持ちにしか興味がないヒロインのホリー・ゴライトリーと、自由奔放で明るい彼女に振り回される、貧しい小説家ポールとの物語を描いている。ポールはホリーの過去を知り、いつの間にか惹かれてしまう、二人の愛の物語である。作者の友人が、ヒロインのモデルになったと言われている。 1961年にオードリー・ヘップバーンが主演で映画化され、大ヒットした。映画では、結末が原作と違う内容になっている。映画では当初、ヒロイン役はマリリン・モンローだったが断られたという経緯がある。映画以外にミュージカルにもなり、今なお色あせない作品である。 日本では、2008年に村上春樹による新訳が出版され、話題になった。

ティファニーで朝食をの評価

総合評価
3.503.50
(2件)
文章力
3.003.00
ストーリー
3.503.50
キャラクター
3.503.50
設定
3.003.00
演出
2.752.75

評価分布をもっと見る

ティファニーで朝食をの感想

投稿する

ティファニーで朝食をの登場キャラクター

ホリー・ゴライトリー

ティファニーで朝食をの名言

野生の動物に心を注いだら、一生空を見上げて過ごすことになるのよ。

ホリー・ゴライトリー

元・夫が来てかえった後、ホリーが主人公に自分の事を語る場面です。元・夫は傷ついた野生動物を保護していました。動物たちは、良くなると逃げ出してしまいます。ホリーは、自分も同じだから好きにならないで、言外に言っているのです。

ティファニーで朝食をに関連するタグ

ティファニーで朝食をを読んだ人はこんな小説も読んでいます

ティファニーで朝食をが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ