ザ・マジックアワーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ザ・マジックアワー

4.204.20
映像
4.30
脚本
4.20
キャスト
4.45
音楽
4.30
演出
4.35
感想数
10
観た人
11

ザ・マジックアワーのあらすじ・作品解説

ザ・マジックアワーは、2008年に公開された三谷幸喜監督による日本の映画である。三谷監督作品の第4作目である本作は、東宝スタジオ内に巨大なセットを組み、街並みを再現して撮影された。 タイトルにもなっている「マジックアワー」とは、映画や写真の専門用語で、日没後の残光が残っているほんのわずかな、そして最も美しい時間のことを意味し、作中においては「誰にでもある、人生で最も輝く瞬間」として表現されている。 港町を牛耳るマフィアのボスの愛人に手を出した備後登は、伝説の殺し屋デラ富樫を見つけて自分の命を守ってもらおうと彼を探すが一向に見つからず、仕方なく売れない俳優村田大樹に「映画の撮影」と称し、村田にデラ富樫としてボスと話をつけてもらいことを乗り切ろうと四苦八苦する。騙す備後、騙されている村田、村田を本物のデラだと思い込むボス、そして彼らを取り巻く人間たちにより巻き起こる事件が、最後には思わぬ結果を生み出すコメディードラマである。

ザ・マジックアワーの評価

総合評価
4.204.20
(10件)
映像
4.304.30
脚本
4.204.20
キャスト
4.454.45
音楽
4.304.30
演出
4.354.35

評価分布をもっと見る

ザ・マジックアワーの感想

投稿する

感想をもっと見る(10件)

ザ・マジックアワーに関連するタグ

ザ・マジックアワーを観た人はこんな映画も観ています

ザ・マジックアワーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ