みんなのいえのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

みんなのいえ

3.003.00
映像
3.00
脚本
3.00
キャスト
3.00
音楽
3.00
演出
3.00
感想数
1
観た人
2

みんなのいえの評価

総合評価
3.003.00
(1件)
映像
3.003.00
脚本
3.003.00
キャスト
3.003.00
音楽
3.003.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

みんなのいえの感想

投稿する

新築の家に、みんな興味津々!

家を建てるのも、コメディだ。「みんなのいえ」を視聴した感想です。三谷幸喜監督らしい、上品なコメディ映画だと思いました。面白かったです。新築の家を建てる際のドタバタコメディですが、全体的に落ち着いた雰囲気で、大人から子供まで楽しめるような作品だと思いました。唐沢寿明さん演じるデザイナーの柳沢と、民子の父であり、ベテラン大工の長一郎のチグハグなやり取りと、どちらにも顔を立てようとして空回りする直介。そのドタバタのやり取りが終始続きます。長一郎を演じた田中邦衛さんも、味のある演技をしていたと思います。「おれは、インチなんかで家は立てられねえ」みたいなセリフが、自然に出てくる人なんだなと思いました。ベテランの日本の大工の、誠実な仕事への姿勢が演技から感じられました。最初は素人とバカにしていた柳沢と打ち解けていく様子が、見ていて気持ちが良かったです。最後に柳沢と意気投合して、二人で丘の上から家を...この感想を読む

3.03.0
  • naonao
  • 216view
  • 2024文字
PICKUP

みんなのいえの登場キャラクター

岩田長一郎

よみがな:いわたちょういちろう

飯島直介

よみがな:いいじまなおすけ

柳沢英寿

キャラをもっと見る(8件)

みんなのいえの名言

決まったからには、これでいくしかねえんだよ。世の中、思い通りになることのほうが少ねえんだよ。それがいやなら、一人で家で絵でも描いてろ!

岩田長一郎

「自分の問題ですから」と言って妥協を許さないバーテンダーを見た柳沢は、その店を出ると、建築中の家に行き、2階のリビングの壁にペンキをぶちまけた。翌朝、長一郎は「いい色になったじゃん」と出てきた柳沢に「てめえが気に入ろうが気にいらねえが、それはどうだっていい。だがな」と言ったあと、こう言って、「邪魔する奴は出ていけ!二度と来るんじゃねえ!」と怒鳴って、彼を突き飛ばした。

便利なことってそんなにいいことなんですかね。手間をかけるってそんなに無駄なことなんだろうか。

柳沢英寿

新居を建てるにあたり、建築デザイナーの柳沢と大工の棟梁である長一郎の意見がことごとく対立する。そんな中、洗面所にあるタイルを使いたいと柳沢が長一郎にお願いする。一旦は断った長一郎であったが、それが竹割りという古いタイルであることに気付き、柳沢への考え方が変わる。レストランで長一郎は柳沢に「これだろ?」そのタイルを渡す。柳沢は長一郎に自分のデザインのポリシーを語る。

屋根が大きければ、雪も多く積もる。

アフガニスタンの人々

どのような家にするかは、すべて設計から始まる。その場面で出てくるアフガニスタンの諺。

名言をもっと見る(16件)

みんなのいえに関連するタグ

みんなのいえを観た人はこんな映画も観ています

みんなのいえが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ