レディ・イン・ザ・ウォーターのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

レディ・イン・ザ・ウォーター

3.003.00
映像
4.00
脚本
3.50
キャスト
3.50
音楽
3.50
演出
3.50
感想数
1
観た人
1

レディ・イン・ザ・ウォーターのあらすじ・作品解説

2006年に公開されたアメリカのハート・ウォーミングなファンタジー映画。監督・脚本は「サイン」「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン。ゴールデン・ラズベリー賞にノミネートされるなど評価は芳しくなかった作品である。 中庭のプールを中心に取り囲むように部屋があるフィラデルフィアのコーヴ・アパート。 管理人クリーブランドは、妻子を殺された事で打ちひしがれ医師を辞め、地味で単調な日々を過ごしていた。ある晩、妙な水音を確かめにプールに行き、うっかり落ちてしまうが、気づくとストーリーと名乗る見知らぬ娘と一緒に自分の部屋に戻っていた。彼は、アパートの住人である東洋人ヤンスンが曾祖母から聞いたという話から、彼女が”ブルー・ワールド”から来た水の精”ヤーフ”だと知るが…。 クリ―ブランドを「トゥルーマン・ショー」「プライベート・ライアン」のポール・ジアマッティ、水の精ストーリーを「ヴィレッジ」「マンダレイ」のブライス・ダラス・ハワード、シャマラン監督自身も小説書きビック・ラン役で出演している。

レディ・イン・ザ・ウォーターの評価

総合評価
3.003.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
3.503.50
キャスト
3.503.50
音楽
3.503.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

レディ・イン・ザ・ウォーターの感想

投稿する

全く何のエンタメ性がない駄作

信じられないくらいの駄作信じられなぐらいの駄作です。この監督の作品かなと思わせるのは静かな不気味さと、恐怖のモノの見え隠れで引っ張るやり方ぐらいで。この女性の由来はなんなんだろうと思ってしまいます。つまり、なぜ、こういう女性を登場させようと思ったのかということです。プールと女性、青という映像は目に焼き付きますが、それを語るとき「あのおもしろくなかった映画」としての記憶にはなって残念です。シャマラン監督はシナリオ力とドンデン返しの特徴だったはず。ところが、この映画は、本当に上述の引っ張る手法だけで、引っ張って行ってくれたけど、ただそれだけ?で終わっている映画です。シックスセンスやアンブレイカブル、ビレッジのような、驚き、アイディアの見事さへのため息など皆無です。主人公の設定もだめ女優もだめです。なんら特徴がない。いっそ、醜女にするとか、おばさんにするとか、少女にするとかにしたほうがよかっ...この感想を読む

3.03.0
  • マンチョビマンチョビ
  • 14view
  • 1076文字
PICKUP

レディ・イン・ザ・ウォーターに関連するタグ

レディ・イン・ザ・ウォーターが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ