ペイチェック 消された記憶のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ペイチェック 消された記憶のあらすじ・作品解説

ペイチェック 消された記憶は、2004年に公開されたアメリカ映画である。原作は、フィリップ・K・ディックの「報酬」。監督は、「男たちの挽歌」「ブロークン・アロー」「フェイス/オフ」のジョン・ウー。脚本は、「クライシス・オブ・アメリカ 」「トゥームレイダー2」のディーン・ジョーガリス。音楽は、「アイ・アム・サム」「エボリューション」のジョン・パウエル。出演者は、ベン・アフレック、アーロン・エッカート、ユマ・サーマン、ポール・ジアマッティ。 マイケルはフリーのコンピューター・エンジニア。企業内に隔離されて極秘の仕事を行い、その間の記憶は消去される。ある日、大企業から仕事の依頼を受けるが、仕事期間は3年間で、成功すれば引退して優雅に暮らせるほどの破格の報酬金額だった。仕事初日に荷物を全部預けるように言われ、記憶消去の起点のための注射をされたマイケル。3年後に仕事を終えて記憶を消去し、預けた荷物を受け取ると、それは身に覚えのない物ばかりだった。 記憶がない3年間から謎を追うサスペンスである。

ペイチェック 消された記憶の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.504.50
脚本
4.004.00
キャスト
3.503.50
音楽
3.503.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

ペイチェック 消された記憶の感想

投稿する

ペイチェック 消された記憶に関連するタグ

ペイチェック 消された記憶が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ