バトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

バトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜

2.672.67
映像
3.33
脚本
1.83
キャスト
3.50
音楽
2.83
演出
2.17
感想数
3
観た人
3

バトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜のあらすじ・作品解説

2000年に公開され大ヒットとなった「バトル・ロワイアル」(深作欣二監督)の続編で、2003年に公開された日本映画である。深作欣二監督が1シーン撮影後に入院、逝去したため、結果的にその息子深作健太の初監督作となった。「バトル・ロワイヤル」の原作者高見広春は、監修/原案として参加した。 ”BR法”制定後の日本。七原秋也と中川典子がテロ集団”ワイルドセブン”を組織し、”大人たちへの復讐”を宣言したため、政府は新たに”BRⅡ法”を制定。教師RIKIによる”七原秋也殺害”の号令下、不良生徒の吹き溜まりである鹿之砦中学3年B組生徒らと、父親キタノの復讐のため志願した娘シオリは、自爆首輪を装着され、七原らのアジトである孤島へと送り込まれるが…。 七原秋也を藤原達也が演じ日本アカデミー賞優秀主演男優賞を獲得。教師RIKIを竹内力。生徒側、青井拓馬を忍成修吾、シオリを前田愛、浅倉なおを酒井彩名、柴木丈瑠、坂本真、盛内愛子、神戸みゆきなど。ワイルドセブンには石垣佑磨、真木よう子など。

バトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜の評価

総合評価
2.672.67
(3件)
映像
3.333.33
脚本
1.831.83
キャスト
3.503.50
音楽
2.832.83
演出
2.172.17

評価分布をもっと見る

バトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜の感想

投稿する

命がけの作品だっただけに、内容の破たんが惜しい

出だしから内容が破たんしているこの作品は、元々高見広春氏原作のバトルロワイアルを映画実写化した作品の続編の位置づけであるが、高見氏が描きたい結末だったのか、高見氏だったらこういう続編を描いたかというとはなはだ疑問である。やはり、他の人の手に渡ってしまうと、作品が全く別物になってしまうこともあるという典型事例ではないだろうか。そもそも出だしからして内容が破たんしてる。独裁的に殺人を強要する大人の法律から逃げ出した七原と典子が、なぜ罪のない人間を殺すテロリストになっているのか。これではBR法を強要している政府と同じかそれよりたちが悪い。この時点でこんな七原見たくないと思うファンも多いと察する。七原の設定だけでも無理があるのに、七原をやっつけるために組織されている中学生が、バディ制で戦闘をさせられ、片方が死ぬともう片方も死んでしまうというのも、単純に自分たちを不利にするだけで意図が分からない。...この感想を読む

2.52.5
  • tamamatamama
  • 49view
  • 1241文字
PICKUP

深作欣二監督の遺作

遺作と呼べるほど、作品に深く携わったわけではなく、そのほとんど息子の健太氏が引き継いで作られた映画ではありますが、監督としてメガホンを取ったのは最後にあたる今作品。脚本を前作の映画の正当なる続編にあたり、前作に登場した教師キタノの娘が物語に大きく関わってくることとなります。しかしこの映画の世界観て、本当に嫌な世界だよなあ。大人の都合で若い芽を殺し合わせるなんて正気の沙汰ではありません。しかも、そんな荒廃しきった政治の元で、意外なほど今風に育っている若者達。なんだかギャップに違和感を覚えなくもないですが、嫌な世界です。元々は同名の原作小説を映画化した作品だったわけですが、小説版の2では、今作を元としたシナリオに改編されており、逆輸入といった形が取られているところがなんだかおもしろいです。設定アリキな映画ですから、どうしても1作目ほどのインパクトがなかったところが、少し残念な評価へ繋がった気...この感想を読む

3.53.5
  • ピッチャーピッチャー
  • 51view
  • 404文字

バトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜に関連するタグ

バトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ