ロスト・ハイウェイのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ロスト・ハイウェイのあらすじ・作品解説

ロスト・ハイウェイは、デヴィッド・リンチ監督・脚本によるアメリカとフランスの合作サスペンス・ミステリー映画である。1997年2月21日アメリカ・1997年6月14日日本で公開された。製作には、ディーパック・ネイヤー/トム・スタンバーグ/メアリー・スウィーニー、撮影:ピーター・デミング、音楽:アンジェロ・バダラメンティが担当している。 キャストには、フレッド・マディソン:ビル・プルマン、レニー・マディソン(アリス・ウェイクフィールド):パトリシア・アークエット、ピーター・レイモンド・デイトン:バルサザール・ゲティ等を迎えている。 サックス奏者であるフレッドは、妻のレネエとごくごく平凡な生活を送っていた。そんなある日、誰かがインターフォンを押し、ディック・ロランドは死んだと謎のメッセージを伝えてきた。そして、自宅に一本のビデオテープが届きその映像を見ると、妻をバラバラに切り刻んでいる映像が映っていた…。

ロスト・ハイウェイの評価

総合評価
4.004.00
(2件)
映像
4.254.25
脚本
3.753.75
キャスト
3.753.75
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

ロスト・ハイウェイの感想

投稿する

ロスト・ハイウェイに関連するタグ

ロスト・ハイウェイが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ