マルホランド・ドライブのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

マルホランド・ドライブ

4.504.50
映像
5.00
脚本
4.00
キャスト
4.25
音楽
4.25
演出
4.50
感想数
2
観た人
2

マルホランド・ドライブのあらすじ・作品解説

マルホランド・ドライブは2002年に公開されたアメリカとフランスの合作映画である。当初はTVシリーズとして企画されたが最終的に局側から却下され、その後フランスの配給会社が出資し映画化に至った経緯がある。監督はデヴィッド・リンチ、主な出演者はナオミ・ワッツ、ローラ・ハリングである。 ある夜、マルホランドドライブで自動車の衝突事故が起こる。ただ一人生き延びた黒髪の女性は、負傷した体でたどり着いた留守宅へ忍び込む。その家は有名な女優ルースの家で、直後に女優志望の姪ベティに見つかる。女性はとっさにリタと名乗り、何も思い出せないことを打ち明ける。リタのバッグには手掛かりとなる大金と青い鍵が入っており、ベティは同情と好奇心からリタの記憶を取り戻すことに協力する。ある日、リタが偶然入った場所で思い出した名前を辿り始めると、新たなストーリーが展開されていく。 本作はカンヌ国際映画祭において監督賞を受賞するなど数々の賞を受賞している。また、2002年の公開時にはストーリーを解く10個のヒントが提示された。

マルホランド・ドライブの評価

総合評価
4.504.50
(2件)
映像
5.005.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.254.25
音楽
4.254.25
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

マルホランド・ドライブの感想

投稿する

わけわかんないがずっとインパクトが続く

車中の肉感的な美女がストーリーの雰囲気を煽る理由はわからないのですが(笑)、車中で運転手に殺されかけていた後部座席の肉感的な美女が出てきて、物語の始まりの緊迫感を煽ります。さあ、何が始まるんだ?とドキドキさせるには十分です。凄惨な殺人か、血が飛び散ったりするのか、というような雰囲気。すると、車が事故にあい、その女は記憶喪失に。たどり着いた家が、女優志願の女性の家。ナオミ・ワッツですね。ナオミの協力で二人は女性の記憶をさぐっていくとともに、愛し合うようになります。レズシーンもしっかり出てきます。記憶喪失の女が持っていた鍵で青い奇妙な箱を開けようと(どこで手に入れたのか、私が見逃したのかとずっと気になっています。今でも)して、不思議な世界へ入っていきます。理由のわからない世界です。そのあとは過去と未来、現実と夢、いろんなものが錯綜する世界を描いていきます。デビット・リンチの個性が満載デビッ...この感想を読む

4.54.5
  • マンチョビマンチョビ
  • 66view
  • 1089文字
PICKUP

マルホランド・ドライブに関連するタグ

マルホランド・ドライブが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ