コレクターのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

コレクターのあらすじ・作品解説

コレクターは、原作ジェームズ・パターソンの作品をゲイリー・フレダーが映画化した作品である。1997年10月3日アメリカ・1998年6月27日に日本で公開された、アレックス・クロス博士シリーズの1作品目である。 脚本:デヴィッド・クラス、製作:デヴィッド・ブラウン/ジョー・ワイザン、製作総指揮:C・O・エリクソンが担当。 アメリカ南部で女子大生ばかり狙う連続誘拐殺人事件が発生した。この犯人は捕らえた女子大生をすぐに殺すのではなく、監禁して愉しむことであり最大の目的が女性を収集することであると、犯罪心理学に通じているワシントンの警官であるクロスは見抜き、独自に調査を進めていく…。そんな彼の元にケイトという女性が犯人の元から逃亡することに成功し訪ねてきた…。 アレックス・クロス:モーガン・フリーマン、ケイト・マクティアナン:アシュレイ・ジャッド、ニック・ラスキン:ケイリー・エルウィス等がキャスティングされた。

コレクターの評価

総合評価
3.753.75
(2件)
映像
3.253.25
脚本
2.752.75
キャスト
4.004.00
音楽
3.003.00
演出
3.253.25

評価分布をもっと見る

コレクターの感想

投稿する

犯罪にはタブーは無い 

おかしな事だが、女の子を捕まえて監禁すると言うのはちょいちょい耳にする事がある。モーガン・フリーマンが犯人を追う彼らしい頭脳の謎解きサイコ・サスペンス。モーガンは優しくて強いそして賢い役が良く似合うが、彼は養女と出来てしまっているんだ。血は繋がってないからいいんだろうけど、流石だと感心してしまう。この作品の中でつかまった女の人が、他にも誰か居ると、話しかけるところが、なんとも切ない、あなたは誰、名前は何と自分も拉致監禁されてても、他の女の子の情報を取ろうとしている。懸命に自分の情報を相手に伝えようとする。此処は誰か一人助かれば、何とかなると期待する健気さが大変好ましい。これは他の刑事が犯人だったと言う最後だが、拉致して恐がらせて楽しむという情けない弱いもの苛めの典型だろう。最後には殺すんだから、どうにもこうにも意味が無いような気がする。犯罪を犯すやつは、タブーが無いから、どんな手でも使...この感想を読む

4.04.0
  • 57view
  • 428文字

コレクターに関連するタグ

コレクターが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ