マルタの鷹のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

マルタの鷹のあらすじ・作品解説

マルタの鷹は1941年にアメリカで公開された探偵映画。 私立探偵サム・スペードを主人公としたダシール・ハメット原作による同名小説の2度目映画化である。 俳優・脚本家として活躍していたジョン・ヒューストンの初監督作品としても知られている。 主演は「アフリカの女王」「カサブランカ」のハンフリー・ボガード。 共演は「偉大な嘘」のメアリー・アスター、ジョンの実父で俳優のウォルター・ヒューストンがノンクレジット扱いではあるが特別出演している。 なお、1941年度の第19回アカデミー賞では作品賞を含む3部門がノミネートされている。 この作品は私立探偵のサム・スペードがワンダリーと名乗る女性から男からの尾行に救って欲しいとの依頼を受けるが相棒のアーチゃーがワンダリーの美貌に惚れて捜査を引き受けるものの男とアーチゃーが殺害されてしまい、警察はアーチゃーの妻と浮気をしていた疑いがあるスペードを疑う。 スペードは身の潔白とアーチゃーの仇と身の危険を守るために単独行動で捜査していくという内容である。

マルタの鷹の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
0.000.00
脚本
0.000.00
キャスト
0.000.00
音楽
0.000.00
演出
0.000.00

評価分布をもっと見る

マルタの鷹の感想

投稿する

マルタの鷹に関連するタグ

マルタの鷹が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ