アサシンのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

アサシンのあらすじ・作品解説

アサシン-暗・殺・者-(英語題:Point of Return)は1993年に公開されたアメリカのサスペンスアクション映画で990年にフランスで公開されたリュック・ベッソン監督作品「ニキータ」のリメイク作品。 監督は「サタデー・ナイト・フィーバー」「ハード・ウェイ」のジョン・バダム。 脚本をロバート・ダッチェルとアレクサンドラ・セロスの2人が共同で執筆している。 配給元はワーナー・ブラザーズで興行収入は3003万ドル。 主演のマギーを演じたのは「スキャンダル」「シングルス」のブリジッド・フォンダで、脇役を固めたのは「エクスカリバー」のガブリエル・バーン、「ベスト・フレンズウェディング」のダーモット・マローニー、「トーチソング・トリロジー」のアン・バンロフトら。 この作品は警官殺しの罪に問われた不良少女のマギーが生きる選択として秘密工作員(アサシン)になるという内容である。

アサシンの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.504.50
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

アサシンの感想

投稿する

リメイクだけど十分満足!

ニキータのリメイク版。主演はブリジット・フォンダ、当初はジュリア・ロバーツの予定だったらしいがどう見ても結果的にこちらの方がよかっただろう。映画ルームメイトでは狂気的なルームメイトの女の子に脅える主役を見事に演じている、演技派女優だ。ブリジット・フォンダはこのアサシンとルームメイト以外あまりパッとした映画に出演していないのが残念、この美貌と演技力ならもうちょっといろんな一流映画に出てほしかった。父は言うまでもなく名優ヘンリー・フォンダ。脇役陣はちょっとシブめ、主役を訓練、指示する上司?役にガブリエル・バーン、ユージュアル・サスペクツでは主役を務めた、影のあるこういうシブい役をやらせたら超一流の役者さんである。映画マッド・ドックスではちょっとコミカルに映る役もこなしています。もう一人、脇役でハーベイ・カイテル いかにも強面な印象だがパルプフィクションなど軽いノリの映画にも脇役でちょいちょ...この感想を読む

4.04.0
  • cc-1cc-1
  • 34view
  • 584文字

アサシンに関連するタグ

アサシンが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ