ナイルの宝石のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ナイルの宝石のあらすじ・作品解説

ナイルの宝石は、1985年に制作されたアメリカ合衆国の冒険・ロマンス映画。主演はキャスリーン・ターナーとマイケル・ダグラス。M.ダグラスは制作も兼任している。彼らの他、前作で小悪党のラルフを演じたダニー・デヴィートも同じ役で出演している。 1984年にゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディ部門で作品賞及び主演女優賞に輝いた映画「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」の続編である。 恋人同士であるロマンス小説家ジョーンと冒険家ジャックはヨットで世界一周の旅行中に倦怠期を迎えていた。そんなある日、南ヨーロッパの港に寄港した際、二人は別々のトラブルに巻き込まれる。そして、アフリカを舞台とした「ナイルの星」を巡る新たな冒険が始まる……。 ビリー・オーシャンが歌うこの映画のテーマソングが収められた彼のアルバム「Love Zone」は、発売後1986年の全英チャートで2位を獲得、以後6か月に渡り40位以内に留まるヒットを記録した。

ナイルの宝石の評価

総合評価
4.754.75
(2件)
映像
4.254.25
脚本
4.504.50
キャスト
4.254.25
音楽
4.254.25
演出
3.753.75

評価分布をもっと見る

ナイルの宝石の感想

投稿する

ナイルの宝石に関連するタグ

ナイルの宝石が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ