キングコングのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

キングコングのあらすじ・作品解説

キングコングは1976年公開、アメリカ製作の特撮映画であり、アカデミー賞特殊効果特別賞やゴールデングローブ賞最優秀新人女優賞を受賞した作品である。 1933年に公開された同名映画のリメイク作品であり、1986年には続編である「キングコング2」が公開されている。 この作品は新しい油田を求めて怪しげな島へとたどり着いた主人公一行が巨大なゴリラを捕まえ、見世物としてニューヨークに持ち帰ったことで起こるパニックを、コングに対するヒロインの心の変化を絡めながら描いた作品である。 監督は1934年に「タワーリング・インフェルノ」でアカデミー賞の三部門を受賞したジョン・ギラーミン。今作が映画デビューであり、後の1984年に「トッツィー」でアカデミー賞助演女優賞を受賞したジェシカ・ラングがヒロインとして抜擢された。 「スターウォーズ」や「メン・イン・ブラック」シリーズのリック・ベイカーが特殊メイク兼スーツアクターをつとめており、2005年の再リメイク版にもカメオ出演している。

キングコングの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

キングコングの感想

投稿する

キングコングに関連するタグ

キングコングが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ