間諜最後の日のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

間諜最後の日のあらすじ・作品解説

間諜最後の日(原題:The Secret Agent)は1936年にイギリスで、1938年に日本で公開されたスパイ&スリラー映画。 サマセット・モーム原作の短編小説を「サイコ」「裏窓」のアルフレッド・ヒッチコック監督が映画化。 製作会社はゴーモン・ブリティッシュが、配給には同じくゴーモン・ブリティッシュ(イギリス)/三和商事/日本ヘラルド(日本)が担当している。 この作品で映画デビュー作となった舞台俳優のジョン・ギールグッドが主役のブロディを演じ、「三十九夜」のマデリーン・キャロル、「M」のピーター・ローレ、「巴里で逢った男」のロバート・ヤングらが共演者として脇を固めている。 KINE NOTEでの平均評点が66点、Yahoo!映画では星5点中/3.27点という評価が得られている。 この作品は第一次世界大戦中陸軍大尉と小説家の2足のわらじを履く男が、スパイを見つけるために2人の仲間とともに調査をするが疑っていた人物が無関係であったことが判明してしまうという内容である。

間諜最後の日の評価

総合評価
3.503.50
(1件)
映像
3.503.50
脚本
3.503.50
キャスト
3.503.50
音楽
3.503.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

間諜最後の日の感想

投稿する

間諜最後の日に関連するタグ

間諜最後の日を観た人はこんな映画も観ています

間諜最後の日が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ