オズの魔法使のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

オズの魔法使のあらすじ・作品解説

「オズの魔法使」は、1939年に公開されたアメリカのミュージカル映画である。 カンザスの農場に住む主人公の少女ドロシーは、竜巻に巻き込まれ、魔法の国に辿り着く。黄色い煉瓦道を歩いて、オズという魔法使いにお願いすれば彼女をカンザスに戻してくれると聞き、途中で知恵がない"かかし"、心がない"ブリキ男"、勇気のない"ライオン"と出会い、彼らとともに、悪い魔女に妨害をされながらも、漸くオズに謁見することができた。ところが、この男はペテン師で、結局、自分自身が自信をもって知恵と心と勇気を働かせていくことが一番大切なのだと悟る。目が覚めるとカンザスの農場に自分は寝ていて、かかし・ブリキ男・ライオンは近所の住人であったというストーリーである。 ジュディ・ガーランドの代表作であるとともに、世界中で最も観られた映画とも称されている。作品の冒頭に出てくる"Over The Rainbow"は、アメリカでは最もポピュラーな曲となっており、カラー映像の効果を世界に知らしめた作品でもある。

オズの魔法使の評価

総合評価
4.834.83
(3件)
映像
4.674.67
脚本
4.834.83
キャスト
4.834.83
音楽
4.834.83
演出
4.834.83

評価分布をもっと見る

オズの魔法使の感想

投稿する

初めて見たときの感動が忘れられません!

初めてこの映画を見たのは小学生の時☆母がこの物語の世界感が大好きという事で、家にビデオを買ってきました♪私も映画を見た瞬間、どっぷりと世界感に引き込まれ、何十回も拝見!ドロシーの魔法の靴のかかとを三回カンカンとやるシーンは何度も真似したほどでした☆ドロシーが竜巻にさらわれて、犬のトトと一緒に不思議なオズの国に迷い込んでしまう・・という有名なお話ですが、この映画ではドロシーが竜巻に飲まれる前は白黒。オズの国に着いた瞬間カラー映像になり、その演出が子供ながらに面白いなー!と思いました♪ かかし、ぶりき、ライオンは、1986年の映画なので『着ぐるみ?』と、今思うとちょっと偽者感がありますが笑 CG技術が発達している今とは、また違った味わいで楽しめると思います☆一番好きなシーンはエメラルドの国にみんなで腕を組んで向かっていくシーン!! こうやって書いている間にもう一回見たくなってくるほど、大好きです♪...この感想を読む

5.05.0
  • しましましましま
  • 45view
  • 434文字

オズの魔法使の登場キャラクター

ドロシー・ゲイル

オズの魔法使の名言

やっぱりおうちが一番。

ドロシー・ゲイル

ドロシーが自宅に帰るために唱える魔法の呪文

トト、ここはカンザスじゃないみたいよ

ドロシー・ゲイル

愛犬と共に、不思議な世界へ迷い込んだドロシーの第一声

オズの魔法使に関連するタグ

オズの魔法使が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ