狼たちの午後のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

狼たちの午後のあらすじ・作品解説

狼たちの午後は、1975年9月21日にアメリカにて、1976年3月6日に日本で劇場公開された、シドニー・ルメット監督のアメリカ犯罪映画作品である。1972年に実際に起こった、強盗の話を元に製作された。製作:マーティン・ブレグマン/マーティン・エルファンド、撮影:ヴィクター・J・ケンパーが担当している。 ブルックリン区にある小さな銀行に三人の男が強盗に入った。しかし三人は無計画な強盗であったために、出だしからトラブルに見まわれ、計画が暗礁に乗り上げてしまう。肝心なお金も金庫にはなく、手間取っている間に警官隊に銀行の周りを取り囲まれてしまい…。 ソニー:アル・パチーノ、サル:ジョン・カザール、レオン:クリス・サランドン、シェルドン:ジェームズ・ブロデリック等がキャスティングされた。 1976年第48回アカデミー賞「脚本賞」を受賞。1976年第33回ゴールデングローブ賞の6部門にノミネートされた作品である。

狼たちの午後の評価

総合評価
3.503.50
(3件)
映像
2.752.75
脚本
2.752.75
キャスト
2.252.25
音楽
2.752.75
演出
2.752.75

評価分布をもっと見る

狼たちの午後の感想

投稿する

狼たちの午後に関連するタグ

狼たちの午後が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ