愛と喝采の日々のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

愛と喝采の日々の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
3.503.50
脚本
4.004.00
キャスト
4.504.50
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

愛と喝采の日々の感想

投稿する

人の感情がすごく表現されている

女性の友人だからこその関係私がディーディーに言われたら作り笑いなんて出来ず、特に仲が良いのならなおさら始めから水をかけて黙らせていると思います。しかりエマは仲が良い友人だからこそ自分の本心をだしたくなく、結婚せずにバレエの道を歩いていた自分を間違っているとは思いたくなくて余裕をもっている振りをしているのだろうと思いました。水をかけるのに対して一瞬エマが悩んだのはシャンパンと一緒に自分の本心を友人にぶちまけてもいいのか考えた間なのだろうと感じました。シャンパンをかけられたディーディーもその場で怒り狂う訳でなく、その場を去るのもとうとうエマが自分に対して攻撃してきた。今までは陰からいやらしく攻撃をしてきたのが表だってきたのだからもう関係は終わりだと思ったのだと思ました。何が幸せなのか考えさせられる夢を諦めて結婚して子供を産んで、子供に自分の夢のバレエをやらせる女性。自分に才能がない事を認め...この感想を読む

4.04.0
  • ひなどりまきひなどりまき
  • 11view
  • 1018文字
PICKUP

愛と喝采の日々に関連するタグ

愛と喝采の日々が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ