ダイヤのAのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,125件

ダイヤのA

4.634.63
画力
4.13
ストーリー
4.50
キャラクター
4.70
設定
4.50
演出
4.63
感想数
4
読んだ人
11

ダイヤのAのあらすじ・作品解説

「ダイヤのA」は2006年から週刊少年マガジンで連載が開始された、熱血少年野球マンガである。物語は主人公の少年「沢村栄純(さわむらえいじゅん)」の、中学校時代から始まる。当時は弱小野球部のキャプテンで、小柄ながら明るく仲間を励ます優しい性格と、あきらめずに野球に取り組む真摯な姿勢が人望を集め、名門野球部のある青道(せいどう)高校にスカウトされた。 そして、青道高校野球部に入り上級生らと寮生活を始めたところから、甲子園出場を目指す彼のピッチャーとしての活躍が描かれて行く。登場人物は同じ野球部のメンバーや監督、ライバルとなる他校の野球部の面々に記者、そして時折姿を見せる故郷の仲間など幅広く揃い、彼らとの交流や、熱い野球の場での戦いなどが綿密に描かれている。 コミック単行本が発刊されている他にも、2013年からはテレビアニメも放送開始と同時に、登場キャラクターがDJを勤めるネット配信のWebラジオも配信が開始された。

ダイヤのAの評価

総合評価
4.634.63
(4件)
画力
4.134.13
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.704.70
設定
4.504.50
演出
4.634.63

評価分布をもっと見る

ダイヤのAの感想

投稿する

男なら熱くなれる作品です!

天然の素質を持った主人公が地元を離れ、野球の技術や人として成長していくストーリーです。大まかな点に関して、これまでの膨大な数のある他の野球漫画との違いとして地元での昔の野球仲間との切っても切り離せない強いつながりを胸にしまって過酷な野球練習をしていく展開です。特にこれまでの野球漫画では才能が光る主人公という設定は数知れず存在しますが、それと合わせて優しい性格と天然なキャラという設定が独自の雰囲気を醸し出していて面白いです。続いてキャラクターの設定についてですがこれもまた他の野球漫画の違いとして、細やかなキャラクターの設定をしている点です。一般的にキャラクターがたくさん出てくるスポーツ系の漫画ですが、ダイヤのAに関して言えば、2軍の選手までもキャラも細やかに設定できています。ここは評価できる点で、1軍選手はもちろんどのキャラも独自の性格を持ち合わせているので読んでいて飽きませんし、これらのキ...この感想を読む

4.04.0
  • オオワダオオワダ
  • 35view
  • 591文字

野球にかける高校球児たち

私の中の野球漫画の主人公のイメージは、剛速球を投げる、ビックマウスのピッチャーというものだった。しかし、このダイヤのAという作品の主人公沢村栄純という少年は、130キロにも満たないボールしか投げられない(しかもストレートのみ)という野球漫画の常識を覆す存在だったのだ。それでも強豪青道高校でエースになる!と直向きに努力する姿に誰もが応援したくなる。ライバルとなる剛速球派ピッチャーの降谷暁や「この人と野球がしたい」と思った存在であるキャッチャー御幸一也など、個性豊かなキャラクターが脇を連ねる。キャラクター一人一人の心情、作者である寺嶋先生は本当に野球が好きなのだなということが伝わってくる試合描写など好きなところを挙げていくとキリがない。私が特に好きなのが、沢村が夏の甲子園予選決勝で相手チームのバッターにデッドボールを当ててしまった後イップスになるストーリーだ。沢村の持ち味で最大の武器だった強気...この感想を読む

4.54.5
  • 小林ひかり小林ひかり
  • 19view
  • 628文字

感想をもっと見る(4件)

ダイヤのAの登場キャラクター

沢村栄純

よみがな:さわむらえいじゅん 血液型:O型 身長:175cm 体重:65kg 性格:良くも悪くも非常に素直なタイプ。野球馬鹿でお調子者。 特技:クワガタ捕り、相撲観戦、釣り 好きな食べ物:納豆以外は何でも 投打:左投げ左打ち 出身中学:長野県赤城中学出身 家族構成:父・母・祖父 ポジション:投手

前園健太

よみがな:まえぞのけんた 血液型:B型 身長:180cm 体重:75kg 特徴:パンチ力はあるが、大振りなのが欠点。 好きな食べ物:お好み焼き、たこ焼き ポジション:一塁手 投打:右投げ右打ち 得意教科:数学 打順:主に5番 出身地:大阪府出身

倉持洋一

よみがな:くらもちよういち 血液型:A型 身長:170cm 体重:53kg 特徴:俊足堅守の1番打者で、運動神経はチーム1。盗塁・走塁時のトップスピードは関東No.1と言われる稲城実業のカルロスに劣らない。小湊亮介との二遊間の守備は『鉄壁』と呼ばれるほどであり、倉持自身もコンビを組む亮介の存在を心の底から尊敬し...

キャラをもっと見る(14件)

ダイヤのAの名言

俺達は王者なんかじゃねーよな 挑戦者だ!

御幸一也

昔のように絶対的な王者としてではなく、チーム一丸となり自分達の限界に挑戦し続けてきた秋季東京都高等学校野球大会。順調な勝ちなどなかったが、あと少しで夢の舞台に挑める準決勝で、チームにの現状を再確認し、士気を高め円陣を組んだ場面

みんなが休んでる時にやらなきゃ…いつまでたっても一軍には行けねーっスから…

沢村栄純

他のメンバーが練習をしてない時、一人黙々トレーニングをしているところを仲間の一人に見つかって、なんで休まないのかと聞かれた時

責任感を強く持つことと仲間を信頼しないことは違う。独りよがりな投手をエースとは呼べんな。

国友広重

二年生時から絶対的エースの成宮鳴へ監督の国友広重が用いた言葉。 三年生が引退し初めての大会で、俺がやらねばと気合いを入れるが、己を信じる事ばかりになってしまい空回り、格下相手に敗れてしまう。 責任感を持つのはいいが独りよがりになり、周りを信頼せず、単独行動に走ってしまう人は多い。気合いを入れるのはいいが、全て自分でやろうとするのは良くないと気づかされた。

名言をもっと見る(11件)

ダイヤのAに関連するタグ

ダイヤのAを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

ダイヤのAが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ