流星ワゴンのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

流星ワゴン

4.004.00
映像
4.00
脚本
4.00
キャスト
4.50
音楽
3.50
演出
3.50
感想数
1
観た人
2

流星ワゴンの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.504.50
音楽
3.503.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

流星ワゴンの感想

投稿する

朋輩

このドラマでは、数多く共演されてきた西島秀俊(永田一雄役)と香川照之(父・忠雄役)の駆け引きが注目されるところであった。一雄が過去を後悔しているであろうことから、五年前に亡くなったはずの親子とともにタイムスリップを繰り返しながら、人生のやり直しを失敗しながらもやり遂げていくというものである。タイムスリップというどこか非現実的でありながらも見入ってしまうのには何か訳があるに違いない。その理由のひとつには一雄が抱えている問題があるのではないだろうか。一雄は当時父・妻・息子、そして会社という多様な悩みを抱えていた。これは現代社会の多くの人に通ずる問題であり、さまざまな年齢の視線からこのドラマを捉えることができる。しかし一雄がこれらの問題をタイムスリップのなかで解決していく手助けになったのは父・忠雄である。忠雄は一雄を親友という意味の朋輩として接する。ここもまたおもしろいところである。もちろんこの...この感想を読む

4.04.0
  • hawk*hawk*
  • 25view
  • 576文字

流星ワゴンの登場キャラクター

永田一雄

年齢(作品時):38歳 性別:男性 国籍:日本 特徴:仕事はリストラ・妻からは離婚・子供は受験失敗で引きこもり 物語上での目的:人生をやり直していく内に、自分が知らなかった様々な事を知る事になる。 父:永田忠雄 妻:永田美代子 一雄に離婚を申し出る。 息子:永田広樹 中学受験に失敗し、そのせいでイジメにあ...

永田忠雄・通称チュウさん

流星ワゴンの名言

調子悪いときに出るんが実力と違うんか

永田忠雄・通称チュウさん

中学受験を控えている中、実力テストの結果が振るわない子供(孫)に対し、「今日は調子が悪いだけ、そんな日もあるさ。」と励ます父親(息子)。そんな父親である息子と孫に対し、祖父が放った一言です。

世の中には、何かをやるやつと何かをやらないやつの2種類しかおらんのじゃ! お前はどっちじゃ!やるんか?やらんのか!?

永田忠雄・通称チュウさん

生きているときに鉄棒の逆上がりをできるようになることをやり残した健太。そんな彼にかけた言葉。

流星ワゴンに関連するタグ

流星ワゴンを観た人はこんなドラマも観ています

流星ワゴンが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ