破天荒遊戯のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,474件

破天荒遊戯

5.005.00
映像
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
声優
5.00
音楽
5.00
感想数
1
観た人
1

破天荒遊戯のあらすじ・作品解説

破天荒遊戯(はてんこうゆうぎ)は、2008年1月から同年3月までKBS京都ほか独立UHF局にて放送された、巻き込まれ系ロードムービー型アニメである。UHFのアニメとしては若干短めで、全10話となっている。 監督は高本宣弘、シリーズ構成・脚本は今川泰宏、キャラクターデザインは小林利充である。 作品のあらすじは、義父の「少し”世界”を見てみたいと思わないかい?」という一言により旅立ちを余儀なくされた少女ラゼル。 彼女は偶然街で出会った青年アルゼイドが復讐が旅の目的にしていることを知り、「クソつまらなそうな人生を面白おかしく演出してあげる!」と宣言する。さらに、アルゼイドの旧友バロックヒートが加わった三人の破天荒な旅のお話しである。 原作は遠藤海成による漫画作品で「月刊Gファンタジー」に1999年12月号から連載が開始。3巻までコミックを刊行した後、2002年8月号から「コミックZERO-SUM」に移籍、単行本はエニックスより既刊分の新装版も含め2015年8月までに16巻まで刊行されている。

破天荒遊戯の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
声優
5.005.00
音楽
5.005.00

評価分布をもっと見る

破天荒遊戯の感想

投稿する

最遊記に類似したアニメ作品

原作がエニックスコミックの両作品描いている内容から、登場人物、メッセージ性において、「幻想魔伝 最遊記」と似ているアニメ作品である印象です。当てはめていくと、驚くほど合致している部分が多いよう感じさせます。意図的に似せた、というより、結果的に似てしまった作品なのではないでしょうか。「幻想魔伝 最遊記」と「破天荒遊戯」という作品タイトルからも「遊ぶ」という類似性を感じさせる気がします。またエニックス系の月刊誌で連載されていたマンガが原作である、共通項も存在します。連載されていたコミックが同系統であれば、意図的に類似させる目的もないのではないでしょうか。ひょっとしたら、「幻想魔伝 最遊記」の人気が高かった為、意図的に印象を寄せにいった可能性もゼロではないのかもしれません。しかし、同系統のコミックで類似させることは、あまりにも類似させていることが見え見えであり、読者や視聴者も気付いてしまうのでは...この感想を読む

5.05.0
  • つくもつくも
  • 236view
  • 2300文字
PICKUP

破天荒遊戯の登場キャラクター

バロックヒート

よみがな:ばろっくひーと 年齢(作品時):28歳(実際は、何百年も生きている) 身長:181cm 体重:75kg 特徴:アルゼイドの旧友。ナツメによって生み出された人工生命体で、セラ、キアラ、ブランの4人兄弟の末子。右手に蝶の刺青があり、戦闘時には剣になる。 好きなもの:女性の他に、酒、煙草、シャワー、海鮮料理...

アルゼイド

年齢(作品時):24歳 身長:182cm 体重:62kg 特徴:13年前に父・セカンドを殺した人物(本人曰く「黒髪に青い目の女」)を捜す為に旅をする青年。銀髪赤眼のアルビノだが、視力はあり日光を浴びても平気である。 武器:前文明のアンティーク銃(セカンドの形見) 声:櫻井孝宏 / 少年時代:甲斐田裕子 本名:不明 嫌いな...

破天荒遊戯の名言

男でも女でも張り合える奴しかいらない

アルゼイド

敵に拉致されて、仲間の元へ帰るシーン。女だから、と遠慮していたけど、そんなことは関係なしに向き合える仲間だ、再認識する。

破天荒遊戯に関連するタグ

破天荒遊戯を観た人はこんなアニメも観ています

破天荒遊戯が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ